アドリアン・プラバーヴァ
Adrian Prabava

Profile

アドリアン・プラバーヴァの2015/2016年シーズンのハイライトは、アールボルグ響、ブレーメン・フィル、アイスランド響、イズマール国立響、ヤロスラヴル国立響、ロンドン・フィル、ルクセンブール・フィル、ケベック響、台湾国立響、エアフルト・フィルでのデビューとアンタルヤ響、マルセイユ・フィル、ポルタ・カーサ・ダ・ムジカ響への再客演である。
さらにオペラ公演としてはベルン・コンサート劇場でのドヴォルザーク「ルサルカ」、スロヴァキア国立劇場(ブラティスラヴァ)でのワーグナー「ローエングリン」の再演がある。
アドリアン・プラバーヴァは、最近のシーズンではアテネ国立管、ブランデンブルク州立管、フランフフルト歌劇場、ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィル、ラインラント=プファルツ州立ドイツ・フィル、フェスティバル・ストリングス・ルツェルン、ヘルダーラント管(アーネム・フィル)、アムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ヨハネスブルク・フィル、クリスティアンサンド響、シュヴェーリン・メッケレンブルク・シュターツカペレ、NDRハノーファー放送フィル、オランダ・フィル、パリ管、フランス国立管、フランス国立トゥールーズ・キャピトル管、マルセイユ・フィル、ストラスブール・フィル、アストリアス・プリンチパド響、オスロ・フィル、トルコ・プレジデンシャル響、コブレンツ・ライン・フィル、王立スコットランド響、ベルリン放送響、バーゼル響、スタヴァンガー響、コンスタンツ南西フィル、インスブルック・チロル響、トロンドハイム響、そしてロイトリンゲン・ヴュッテンベルク・フィルといったオーケストラを初めて指揮している。
インドネシアに生まれた彼は、デトモルト高等音楽院でヴァイオリンを学び、ハノーファー高等音楽院で大植英次に指揮を師事した。クルト・マズアとベルナルド・ハイティンクのほかに彼のメントルとなったヨルマ・パヌラのマスタークラスで指導を受けている。2006から2008年まで、テューリンゲン劇場&フィルのレジデント指揮者・音楽助監督をつとめ、ショスタコーヴィチのオペレッタ「モスクワ・チェリュオムーシカ」を振って批評家から高い評価を得た。またベルリン・コーミッシェ・オパー(「こうもり」と「マハゴニー市の興亡」)、ボン劇場(「ヘンゼルとグレーテル」)、マグデブルク劇場(「ねじの回転」)に出演している。
アドリアン・プラバーヴァは2005年、第49回ブザンソン国際指揮者コンクールでの成功で国際的な名声を得て、2006年から2008年までフランス国立管でクルト・マズアの副指揮者をつとめた。続いて2007年には若い才能のための「ベルナルド・ハイティンク・ファンド」の最初の受益者になり、そのため2010年までアムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ管でハイティンクの副指揮者をつとめた。

Concert

日時 2018年4月29日 (日・祝)  14:00開演
会場 ザ・シンフォニーホール
第291回定期演奏会

【出演】
アドリアン・プラバーヴァ(指揮)
オーギュスタン・デュメイ(ヴァイオリン)

【プログラム】
ミクロス・ローザ:映画「深夜の告白」組曲
コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
バルトーク:管弦楽のための協奏曲 Sz.116

【チケット】
全席指定 S席 \6,000 / A席 \ 4,500 / B席 \3,000
        C席 \2,000 /学生席 \1,000

【お問い合せ先】
関西フィルハーモニー管弦楽団事務局 06-6577-1381

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive

随時更新
Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.