エヴァ・クピーク
Ewa Kupiec

Profile

「エヴァ・クピークは、情熱、非の打ち所のないテクニック、確かな構成感、驚くほど豊かな色彩と透明度を持った音楽を作り上げる非凡な演奏家だ。」フランクフルター・アルゲマイネ紙

ヨーロッパにおいてエヴァ・クピークは数々の主要なオーケストラと定期的に演奏をしており、最近の共演にはパリ管弦楽団、ハーグ・レジデンティ管弦楽団、 ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ライ プツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、グルベンキアン管弦楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団がある。

2002年にはミルウォーキー交響楽団との共演でアメリカ・デビューを果たしたが、それを期にアメリカにおいても活躍の場を広げている。今シーズンはミネソタ交響楽団との初共演が予定されている。

日本においては2002年に東京においてデビュー・リサイタルを開き、2007年には読売日本交響楽団との初共演を果たした。同楽団とは2010年に再び 共演することになっている。その他にもオーストラリアやニュージーランドでも定期的にコンサートをしており、2008/09シーズンには2回のツアーを予 定している。

彼女はリサイタルにおいて、観客と密接なコミュニケーションを取ることに成功しており、その才能は評論家からいつも高い評価を受けている。ライヴパフォー マンスにより聴衆とコミュニケーションを図ることは彼女にとってとても重要なことであり、プログラムを考える際の大切な要素ともなっている。今シーズンの 彼女のリサイタルは、ショパン生誕200周年を記念したプログラム構成となっている。

現代音楽にも力を入れており、2004年には、忘れられていたシュニトケのピアノ協奏曲第1番(1960年)をベルリン放送交響楽団と共に初演し成功を収 めた。この成功を受け、シュニトケの全てのピアノ協奏曲を同オーケストラと録音することとなった。2008年初頭(国内版2008年10月)にCDがリ リースされている。

知られざるポーランド人作曲家の演奏にも積極的であり、パデレフスキ、シマノフスキ、シュピルマン、ルトスワフスキなどのレコーディングを行っている。ま たグラジナ・バツェヴィチ(1909−1969)の全てのピアノソロ作品、ヴァイオリンとのデュオ作品を録音している。このほか、彼女のために書かれた作 品を集めたCD「Conception」を彼女自身のプロデュースで発表している。

世界的に著名なポーランド人指揮者であるスクロヴァチェフスキは彼女の演奏を賞賛しており、世界各地で数々の演奏、録音を行ってきた。また、メッツマッ ハー、オールソップ、アルトリヒテル、ブロムシュテット、ボレイコウ、ブラビンス、ヤノフスキ、リントゥ、オラモ、ヴァシリー・ペトレンコ、シナイス キー、ヴァルガ、ウォルフなどの指揮者とも共演して来ている。

エヴァ・クピークはドゥシニキに生まれ、最初はカトヴィツェ、次にワルシャワのショパン音楽院で、そしてその後ロンドンの英国王立音楽院にて学んだ。現在はミュンヘン在住である。

Concert

随時更新

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive

日時 2010年11月18日(木)19:00開演
会場 ザ・シンフォニーホ−ル
大阪センチュリー交響楽団 第156回定期演奏会

【出演】
沼尻竜典(指揮)
エヴァ・クピーク(ピアノ)
大阪センチュリー交響楽団

【プログラム】
武満 徹:弦楽のためのレクイエム
ショパン:ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 作品21(ナショナル・エディション)
シューマン:交響曲 第2番 ハ長調 作品61

【チケット】
A席6,000円 B席4,500円 C席3,000円 D席1,000円

【お問い合せ先】
センチュリーチケットサービス 06-6868-0591(平日10:00〜18:00)

日時 2010年3月12日(金)19:00開演
会場 東京芸術劇場
読売日本交響楽団
第170回東京芸術劇場名曲シリーズ


【出演】
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(指揮)
エヴァ・クピーク(ピアノ)
読売日本交響楽団

【プログラム】
《ショパン&シューマン生誕200年》
ワーグナー: 歌劇〈タンホイザー〉序曲
ショパン: ピアノ協奏曲第1番
シューマン:交響曲第1番〈春〉

【チケット】
A席¥8,000 B席¥6,000 C席¥5,000
G席¥3,000

【お問い合せ先】
読売日響チケットセンター 03-3562-1550

日時 2010年3月13日(土)14:00開演
会場 横浜みなとみらいホール
読売日本交響楽団
みなとみらいホリデー名曲コンサート・シリーズ


【出演】
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(指揮)
エヴァ・クピーク(ピアノ)
読売日本交響楽団

【プログラム】
《ショパン&シューマン生誕200年》
ワーグナー: 歌劇〈タンホイザー〉序曲
ショパン: ピアノ協奏曲第1番
シューマン:交響曲第1番〈春〉

【チケット】
A席¥7,000 B席¥6,000 C席¥5,000
D席¥3,000 
高・中ジュニア席¥1,000 小ジュニア席¥500

【お問い合せ先】
神奈川芸術協会 045-453-5080
Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.