斎藤 雅広

Masahiro Saitoh

Profile

東京藝術大学出身。ハリーナ・チェルニー=ステファンスカに才能を認められ内弟子として学ぶ。

18歳で第46回日本音楽コンクールに優勝し、翌年NHK交響楽団との共演でデビュー、「藝大のホロヴィッツ」と称され華麗なヴィルトゥオーゾとして活躍。国内主要オーケストラの他に、韓国KBS響、ミュンヘンプロアルテ室内管、ワイマール歌劇場管弦楽団等と共演し、ウクライナ、イギリス、ポーランド、フランスの国際音楽祭でリサイタルを開くなど、海外でも高く評価された。

NHK名曲アルバム、ベストオブクラシック、ニューイヤーオペラコンサートなど、数多くの放送に出演。またNHK教育テレビ「趣味悠々」、NHK教育テレビ「トゥトゥアンサンブル」の「キーボーズ」「親と子のTVスクール」、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」など、エンターテイメントなTV出演も多数で人気を博した。

巨匠ヨゼフ・スークに室内楽の名手として認められ、高度な技巧に支えられた自由闊達で雄弁なスタイルにて、ペーター・シュミードル、ヴェンツェル・フックス、ウォルフガング・シュルツをはじめとするウィーンフィルやベルリンフィルのメンバー、またヤナーチェク弦楽四重奏団、ザルツブルグ八重奏団等とも共演を重ね賞賛された他、歌曲伴奏でもフランチェスコ・アライサ、ルチア・アリベルティ、デニス・グレイヴス、トム・クラウゼ、イロナ・トコディ、ハンス・ペーター・ブロホヴィッツ、ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラ、サイモン・エステス等々、数多くの世界の名歌手達から厚い信望と絶賛を得て、わが国最高の名手という評価を不動のものとした。

2007年にはデビュー30周年記念のガラ・コンサートを行い、2012年はデビュー35年記念盤『79年のリサイタル』が音楽各紙に絶賛され、その存在をさらに大きくした。近年は録音にも積極的で『3台ピアノコンサート』『放送録音集』『メランコリー』等のソロ・アルバム、また若い演奏家をサポートしたものなどを次々とリリース、CDはソロから室内楽など41枚に及び、作曲・編曲も手がけて多数の楽譜も出版されている。

日本音楽コンクールをはじめ各コンクールの審査の他、各地でマスター・クラスを開く。京都フィルハーモニーなどを指揮し指揮者としても活動。

今なお情熱を失うことなく、デビュー40周年を迎え日本を代表するピアニストの1人として、その活動の幅を広げている。

Concert


Links