クリストフ・ケーニッヒ

Christoph König

Profile

クリストフ・ケーニッヒは深い知性と音楽性を持った指揮者である。彼は現在オルケストラ・シンフォニカ・ド・ポルト・カサ・ダ・ムジカの首席指揮者の任(200912 年)をつとめ、さらに近年、ソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルクの首席指揮者と音楽監督にも就任した。配慮の行き届いた、それでいて刺激的なプログラムを提示する彼の指揮はエネルギッシュであり、同時に音楽そのものへの、そして共演者への思慮深いアプローチで定評がある。2 年目のポルトにおいては、マーラーの交響曲第1 番から第3 番とブルックナー、シュトラウス、ラヴェルの大作のみならず、ヘンツェ、サーリアホ、ピンチャーといった重要な現代作曲家の作品も取り上げている。なお、オーケストラの10 周年を記念するシーズンには、ウィーンのコンツェルトハウス(2010 9 4 日)でマーラーの交響曲第1 番を彼が指揮して幕を開けた。

 

ケーニヒはヨーロッパやアメリカにおいて客演指揮者としても人気が高い。最近の公演で

はオランダ・フィルハーモニー管弦楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団、レアル・フィルハルモニア・デ・ガリシア、マドリッドのRTVE 交響楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ、スコットランド室内管弦楽団、BBC フィルハーモニー管弦楽団が挙げられ、その中でもBBCスコティッシュ交響楽団との中国公演では(2008 5 月)は大変な成功を収めた。また昨シーズンのニュージャージー交響楽団との初共演で指揮したマーラーの交響曲第5 番は大変に高い評価を得たことから、同オーケストラとの再演、およびインディアナポリス、コロラド、フェニックス、そしてヒューストン交響楽団への出演が決定した。

クリストフ・ケーニヒはマルモ交響楽団の首席指揮者を2003 年から2006 年まで務め、グラン・カナリア・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者も経験している。この2つのオーケストラにおいて彼はハイドン、モーツァルトからリゲティ、ヘンツェ、タネージといった幅広いレパートリーを指揮している。またマルモ交響楽団とは《蝶々夫人》や《ニュルンベルクのマイスタージンガー》といったオペラもコンサート形式で取り上げている。

 

オペラ作品の指揮者としては、2003 年に急遽指揮をすることとなったチューリヒ歌劇場におけるジョナサン・ミラー演出の《後宮からの逃走》によって一躍注目を浴びることと

なった。チューリッヒ歌劇場では《魔笛》やチェチーリア・バルトリやルッジェロ・ライ

モンディを迎えての《イタリアのトルコ人》も指揮しており、他にもマドリッドのテアト

ロ・レアルで《後宮からの逃走》、シュトゥットガルト国立歌劇場で《ドン・ジョヴァンニ》、

ベルリン・ドイツ・オペラで《魔笛》と《リゴレット》を指揮している。

 

録音では、オルケストラ・シンフォニカ・ド・ポルト・カサ・ダ・ムジカと共にシェーン

ベルクとプロコフィエフ《ロミオとジュリエット》、サーリアホとシベリウスの交響曲第7

番をアオ・ヴィーヴォ・レーベルから、メルセルをBBC スコティッシュ交響楽団と共にハ

イペリオン・レーベルから、マルモ交響楽団と共にベートーヴェンの交響曲をDB プロダ

クションから、そしてソロイスツ・ヨーロピアン・ルクセンブルクと共にプロコフィエフ

とモーツァルトのCD SEL レーベルからリリースしている。なお、BBC スコティッシュ交響楽団を指揮したブラームスのピアノ協奏曲第1 番のCD ジャケットは2009 9 月にBBC ミュージックマガジン誌の表紙を飾っている。

 

ケーニッヒは、彼も歌っていたあのドレスデン聖十字架合唱団のあるドレスデンに生まれ

た。その後、ドレスデン音楽大学で指揮法、ピアノ、声楽を学んだ後、指揮者として歩み

始めた彼は、セルジュ・チェリビダッケやサー・コリン・デイヴィスのマスタークラスに

も参加。この出会いをきっかけにシュターツカペレ・ドレスデンではサー・コリン・デイヴィスの助手をシンフォニー・コンサートとオペラ公演で務めるようになった。彼のプロの指

揮者としての第一歩は、カラヤン国際指揮者コンクールに入賞した後に就任したヴッパー

タール/ゲルゼンキルヒェの首席カペルマイスターの任においてであった。

“König offered a fresh, sensitive, elegant, and totally unmannered interpretation. Beethoven’s full textures were uncommonly well balanced.” Pittsburgh Tribune, Pittsburgh Symphony Orchestra (Symphony no. 6)

Christoph König is widely admired for his clarity, sensitivity and elegant interpretations. He is currently Principal Conductor & Music Director of the Orchestra of the Solistes Européens, Luxembourg. Whilst Principal Conductor of the Orquestra Sinfónica do Porto Casa da Música (2009-2014) he toured with them to Brazil and in Europe including performances in Vienna, Rotterdam, Strasbourg and Madrid. With the Solistes Européens, Luxembourg he has performed at the Cologne Philharmonie and at the Schleswig- Holstein Music Festival.

As a guest conductor he has performed with Staatskapelle Dresden, Orchestre de Paris, Danish National Symphony, Netherlands Philharmonic, Norwegian Radio Orchestra, Mozarteum Orchestra Salzburg, Stuttgart Philharmonic, Sinfonieorchester St Gallen, Dresden Philharmonic, Barcelona Symphony, Tampere Philharmonic, Deutsche Radio Philharmonie Saarbrücken, RTVE (Spanish Radio) Orchestra Madrid, and the BBC orchestras in Scotland and Wales (BBC SSO, BBC NOW) with whom went on a highly successful tour of China. Further afield he has conducted the Melbourne Symphony, New Zealand Symphony, Adelaide Symphony and the Malaysia Philharmonic Orchestra. He is a frequent guest of orchestras like the Royal Philharmonic Orchestra in London, the Pittsburgh Symphony, and the Oregon Symphony Orchestra, and the orchestras in New Jersey and Indianapolis.

An impressive debut in the USA in 2010 has led to multiple engagements with orchestras such as the Pittsburgh Symphony, Los Angeles Philharmonic, Baltimore Symphony, Toronto Symphony Orchestra, Houston Symphony, Indianapolis Symphony, Cincinnati Symphony, New Jersey Symphony, Calgary Philharmonic, Vancouver Symphony, Oregon Symphony, Milwaukee Symphony, Colorado Symphony, and the North Carolina Symphony Orchestra.

Christoph König has conducted a wide range of opera repertoire as Kapellmeister (staff conductor) in Bonn. More recent opera experiences include productions at Zürich Opera, Teatro Real in Madrid, at the Staatsoper Stuttgart, at Deutsche Oper Berlin, and a Rosenkavalier in Chemnitz.

An increasingly important role play his recording activities with the British record label RUBICON and with NAXOS. With his orchestra in Luxembourg, the start of the collaboration with RUBICON has produced two CDs with works by Schubert/Berio and Beethoven/Méhul, four more recordings and a Beethoven Cycle are planned. Very special is this collaboration because it reflects in parts the interesting and creative programming in his concerts in Luxembourg. With NAXOS, the first collaboration is producing two CDs with music of Louise Farrenc, a third one is already planned. Other CD recordings include Melcer with the BBC Scottish Symphony Orchestra (HYPERION), Beethoven Symphonies with the Malmö Symphony Orchestra (DB Productions), Schoenberg, Prokofiev and Sibelius with the Orquestra Sinfónica do Porto Casa da Música (Ao Vivo) and Mozart, Wagner, Prokofiev and Beethoven for CHANDOS.

König was born in Dresden where he sang in the celebrated Dresdner Kreuzchor. He studied conducting, piano and singing at the Dresdner Musikhochschule. His early work as a conductor took him to master classes given by, amongst others, Sergiu Celibidache and Sir Colin Davis, with whom he worked as assistant conductor/ Korrepetiteur at the Dresden Opera/Sächsische Staatskapelle. He began his professional career as Erster Kapellmeister at the Opera in Bonn.

Concert


Links

https://www.christophkoenigconductor.com/