新倉瞳

Hitomi Niikura

Profile

8歳よりチェロを始める。当時ドイツにて、ヤン・ヴィミスリッキー氏に師事。11歳で帰国後、毛利伯郎氏に師事。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業、卒業時には皇居桃華楽堂新人演奏会に出演。室内楽を徳永二男、原田幸一郎、毛利伯郎の各氏に、桐朋学園大学研究科において堤剛氏に師事。その後バーゼル音楽院ソリストコース・教職課程にてThomas Demenga氏に師事、両修士課程を最高点で修了。
2003年 いしかわミュージックアカデミー にてIMA音楽賞を受賞し、アメリカ/アスペン音楽祭に奨学生として参加。2007年 第28回霧島国際音楽祭 にて霧島国際音楽祭賞を受賞。2009年 ルーマニア国際音楽コンクール 室内楽部門 にて第1位を受賞。2015年スイスのベルンで開催された Orpheus Kammermusikwettbewerb にて入賞。同2015年、ポルトガルのリスボンで開催された Internacional Verao Classico 2015 チェロ部門 にて第1位を受賞。
桐朋学園大学在学中に、EMI Music Japanより「鳥の歌」をリリースし、紀尾井ホールにてデビュー。以後数々のメディアに取り上げられTV、ラジオ出演多数。これまでに2nd「トロイメライ」3rd「Largo-愛の挨拶」計3枚のCDがリリースされている。
2009年には森下仁丹ビフィーナのCMキャラクターに抜擢され、2015年にはキットカットショコラトリーのプレミアムシアター公開日にはアンバサターに選ばれBillboard Tokyoにて行われた記者発表会に出席、2016年5月にはスイスルツェルンの高級時計ブランドCarl.F.Bucherer より Pathos Woman Awardを受賞。
2015年には自身としては4thアルバムとなる「エルガー チェロ協奏曲」がSony music Directより発売。
2014年よりカメラータ・チューリッヒの stv.ソロ首席チェリストに就任。
同2014年、チューリッヒを中心に人気のクレズマーバンド Cheibe Balagan のメンバーとなる。
現在はスイスを拠点にソリスト、室内楽奏者、クレズマー奏者として活動している。
(株)日本ヴァイオリンより名器特別貸与者としてC.F.Landolfiを貸与されている。

Concert


Links