レオン・フライシャー

Leon Fleisher

Profile

ピアニスト、指揮者、そして指導者として著名なレオン・フライシャーは、舞台演奏のキャリアが60数年目にもなるが、彼は出生地のサンフランシスコで4歳 にしてピアノのレッスンを始め、8歳で最初のリサイタルを開いた。翌年、偉大なるドイツ人ピアニスト、アルトゥール・シュナーベルの下で学び始め、 1944年、16歳でニューヨーク・フィルハーモニックと共演を果たした。1952年、歴代初のアメリカ人としてエリザベート王妃国際コンクールにて優勝 する。フライシャーのキャリアはその後12年間上昇し続け、全ての主要なオーケストラ、指揮者と世界中で共演し、あらゆる場所でリサイタルを行い、ジョー ジ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団とベートーヴェン、ブラームス、ラフマニノフのピアノ協奏曲など試金石となるレコーディングを多数行った。

だが1965年、右手の2本の指が突然動かなくなってしまう。様々な治療法を試すも、一時的にしか回復せず、若干37歳にして引退をよぎなくされる。この ことは彼のキャリアにおいて決定的な瞬間であったが、最近の治療により、彼を人生の半分以上において蝕んだ局所的筋失調として知られる神経性疾患を取り除 いたのである。この数年、(頻繁にではないが)再び両手で演奏を行っており、40年ぶりに両手での演奏による「Two Hands」という音楽自伝的レコーディングを作成した。バッハ、スカルラッティ、ショパン、ドビュッシーの他、シューベルトの最後のピアノ・ソナタが収 録されており、その後「Journey」が続いてリリースされた。(発売:ヴァンガード・クラシック)。

ピアニストとしてのキャリアを突然閉ざされてから40年間、フライシャーは指揮者と指導者という2つの平行したキャリアを歩み、同時に左手ピアノのための 広範囲な、しかし限られたレパートリーを学んだ。1967年に指揮を始めたが、両手で再び演奏することを決してあきらめなかった。

1967年にケネディ・センターでシアター・チャンバー・プレイヤーズを設立し、1970年にアナポリス交響楽団の音楽監督に就任したことにより、フライ シャーは指揮者としての評価を素早く獲得した。1970年にモストリー・モーツァルト・フェスティバルでニューヨークでの指揮者デビューを果たし、 1973年にはボルティモア交響楽団の副指揮者となる。これまでにクリーヴランド管弦楽団、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、サンフランシスコ交響楽 団、モントリオール交響楽団、デトロイト交響楽団や、その他多数のオーケストラと共演している。新日本フィルハーモニー交響楽団とは首席客演指揮者として 各シーズン中に様々なコンサートで共演したこともあり、また、ヨーロッパ室内管弦楽団、グスタフ・マーラー・チェンバー・オーケストラとも定期的に公演を 行った。

後進の指導はフライシャーの人生において重要な位置を占めている。非常に崇拝されている教師であり、1959年よりピーボディ音楽院にて栄誉教授 (Andrew W. Mellon Chair)として務めるほか、フィラデルフィアのカーティス音楽院、トロントの王立音楽院の教授でもある。1986年から97年はタングルウッド音楽セ ンターの音楽監督として活躍した。アスペン、ルツェルン、ラヴィニア、ヴェルビエ、その他の音楽祭では世界中から集まった生徒たちと交流を行っている。ま た、ザルツブルク・モーツァルテウム、パリ音楽院、サンジャンドリュッツのラヴェル・アカデミー、マドリードのソフィア王妃学院、エルサレムのミシュケ ノット、ニューヨークのメトロポリタン美術館でマスタークラスを行っている。

「突然、私の人生で最も大事なことは両手で演奏することではないと気付きました」と、ベートーヴェンの5代目の弟子であるフライシャーは言う。1939年 にドイツからアメリカに渡った彼の指導者シュナーベルは、ポーランドの巨匠ピアニストであり指導者であったテオドル・レシェティツキの弟子であり、レシェ ティツキはベートーヴェンに師事したチェルニーの弟子である。「テクニックではなく情熱が大切だということが、私がシュナーベルから学んだことです」とフ ライシャーは語っている。

Celebrating 90 Years in 2018!
“Fleisher turned in an absolutely spellbinding performance that built steadily, with a kind of distilled, august power, to a breathtaking climax…his musicianship — is nothing short of Olympian.”
— The Washington Post

 

Pianist
Pianist Leon Fleisher thrives in a sustained career as conductor and soloist, recitalist, chamber music artist, and master class mentor. He made his debut with the New York Philharmonic in 1944 and in 1952 became the first American to win the prestigious Queen Elisabeth of Belgium competition, establishing himself as one of the world’s premier classical pianists. At the height of his success, he was suddenly struck at age 36 with a neurological affliction later identified as focal dystonia, rendering two fingers on his right hand immobile. Rather than end his career, Mr. Fleisher began focusing on repertoire for the left hand only, conducting, and teaching. In the mid-90’s he able to return to playing with both hands after experimental treatments using a regimen of Rolfing and ‘botulinum toxin’ injections. A recipient of numerous honors and awards, he received the honor of Commander in the Order of Arts and Letters by the Minister of Culture of the French government as well as the Kennedy Center Honors in 2007 and is the subject of the 2006 Oscar and Emmy-nominated documentary film Two Hands. In 2013, Sony Classical issued a 23-CD box set of his entire recorded output, and in 2014, Mr. Fleisher released his first solo CD in a decade, the Grammy nominated “All The Things You Are.” At age 88, in addition to his teaching at Peabody, Mr. Fleisher continues with an international schedule of master classes, performances and orchestral guest conducting.

In celebration of his 90th year, he appeared in Toronto, Ottawa, and Montreal as soloist with the Toronto Symphony and Peter Oundjian and at the Gilmore Festival. In 2018-2019 he continues the celebration with recitals at Carnegie Hall, Philadelphia, Washington, D.C., and San Francisco, as well as at the Ravinia and Tanglewood Festivals in Summer 2018.

 

Conductor
Recognized as one of the world’s most revelatory and inspiring musicians, Leon Fleisher brings to the podium the insights, warmth and humanity that makes his concerts, master classes and residencies such remarkable experiences for musicians and audiences alike.

To Beethoven, Brahms, Haydn, Mozart and Schubert, he brings a wonderful transparency. To Rachmaninoff, Ravel, Sibelius, Walton, he brings the spirit of a romantic. For Bartok, Ligeti, Stravinsky and living composers, there is a sense of adventure. For all, there are fresh and compelling ideas of rhythm, structure, air between phrases, that illuminate each work he conducts. He “plays” the instruments of the orchestra with the same passion and poetry that made him a legendary pianist.

Mr. Fleisher closed the Marlboro Music Festival 2014 season leading performances of Bartok’s Divertimento for Strings and Beethoven’s Choral Fantasy featuring Mitsuko Uchida as soloist. It was a performance of the latter work at Marlboro in 2012 that led to an engagement conducting the Cleveland Orchestra in December 2013. This performance brought Fleisher back to the orchestra with which he made so many historic recordings with George Szell, recordings that remain the benchmark for much of that repertoire. Other recent conducting engagements include appearances with the Bamberg Symphony, Lausanne Chamber Orchestra, the Orquestra Filarmônica de Minas Gerais in Brazil and orchestras in China and Japan.

 

For musicians around the world – from his acclaimed Carnegie Hall workshops to master classes last summer at the Schleswig Holstein and Menuhin Festivals, to residencies at music schools and conservatories across the country – the lessons learned and insights gained from a Fleisher visit are to be treasured for a lifetime.

Concert


Links

https://www.franksalomon.com/leonfleisher