末廣誠

Makoto Suehiro

Profile

鹿児島県生まれ。鹿児島大学卒業及び桐朋学園大学修了。指揮を秋山和慶、堤俊作、H.レーグナー各氏に師事。1981年、鹿児島オペラ協会10周年記念公 演において、石井歓作曲オペラ『カントミ』の初演を指揮、1987年銀座にオープンした銀座セゾン劇場の柿落としにおいて、M.コンスタン作曲、P.ブ ルック演出の『カルメンの悲劇』を50日間に渡り指揮し、世界各国から招かれた歌手や、コンスタン氏自身より絶賛される。1989年、東京青山劇場におい てR.コルサコフ作曲オペラ『サルタン王の物語』日本初演の訳詞及び指揮を担当し、高い評価を受ける。以後各地のオペラ公演を多く手がけ、数多い作品のレ パートリーを誇っている。またバレエ公演も手がけ日本初演した作品も多く、舞台作品における技量は各界から厚い信頼を得ている。

1990年ハンガリー・ニーレッジュハーザ市においてサボルチ交響楽団を指揮、同年旧東ドイツ・ワイマール市で開催された国際セミナーに参加。H.レーグ ナー氏のもとで研鑽を積み、最終コンサートにおいてイェーナー・フィルハーモニー管弦楽団を指揮、チューリンガー・アルゲマイネ紙に“真にプロフェッショ ナルな指揮者”と絶賛される。1991年、ポーランド・カトヴィツェ市で開催された第4回フィッテルベルク国際指揮者コンクールにおいて優勝、第1位ゴー ルドメダルとオーケストラ特別賞を併せて受賞する。翌年より、ポーランド国立放送交響楽団をはじめとする各地のオーケストラに招かれ、クラコフ放送交響楽 団の主席客演指揮者に就任。また国立シレジア歌劇場において『トスカ』を指揮してヨーロッパにおけるオペラデビューを果たし、以後定期客演指揮者として多 くの作品を指揮し、常に高い評価を得ている。1999年、ジャズピアノの巨匠チック・コリア氏と共演、同氏より絶大な信頼を寄せられる。

帰国後、群馬交響楽団指揮者を経て、1995年から1999年まで札幌交響楽団指揮者を務め、以後多岐に渡る活動を続けている。高いレベルの演奏を引き出 す着実な手腕は、常に信頼と評価を得ており、今後の活動が期待されている。また、曲目解説等の執筆活動も盛んに行っており、その軽妙な切り口の文章は評判 を得る一方、演奏会の司会、企画等にもその才能は遺憾なく発揮されている。2007年12月、レッスンの友社よりエッセー「マエストロ・ペンのお茶にしま せんか?」を刊行。

Makoto Suehiro is respected by musicians as a talented conductor and, for his instinctive musicianship.

Born in Kagoshima, Mr. Suehiro studied conducting with Kazuyoshi Akiyama, Shunsaku Tsutsumi and Heinz Rögner.

In 1991, Mr. Suehiro won the gold medal as well as the Orchestra Special Award at the 4th Grzegorz Fitelberg International Conductors Competition. He has subsequently been invited by the major orchestras such as National Polish Radio Symphony Orchestra and Silesia Philharmonic Orchestra. He also had regular collaboration with the Silesia State Opera.

Prior to his position as a conductor of Gunma Symphony Orchestra, Mr Suehiro held the position of Principal Guest Conductor of the Cracow Radio Symphony Orchestra. He held the position of the Conductor of Sapporo Symphony Orchestra from 1995 to 1999. Mr. Suehiro continues to work regularly with Sapporo Symphony Orchestra, Sendai Symphony Orchestra, and Kyushu Symphony Orchestra amongst others.

His operatic works include the world premiere of Kan Ishii’s “Kantomi” and Japanese premiere of Rimsky-Korsakov’s “he Tale of Tsar Saltan” at Aoyama Theater in Tokyo. He also conducted Peter Brook’s “La Tragédie de Carmen” in the inaugural concert series of Saison Theater in Tokyo, which received outstanding critical acclaim.

The highlights of 2010/11 season include the production of “L’elisir d’amore” with Hokkaido Nikikai and “Il Barbiere di Siviglia” with Osaka Symphony Orchestra and Kansai Nikikai.

Concert


Links