ヴォルフラム・クリスト

Wolfram Christ

Profile

ドイツ・ハッヘンブルク生まれ。フライブルク音楽大学に学び、22歳の時にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ソロ・ヴィオラ奏者となる。以来、ソリストとして、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルをはじめ、数多くの著名なオーケストラおよび指揮者と共演。室内楽奏者としても、マルタ・アルゲリッチ、ジェシー・ノーマン、ダニエル・バレンボイム、ジェームズ・レヴァイン等の錚々たるアーティスト達と国際的な音楽祭で共演し、レコーディングを行っている。1999年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を退団し、指揮者としての道を歩み始める。

ルツェルン祝祭管の首席ヴィオラを続ける傍らで、指揮の分野でもその活躍は目を見張るものがある。特に生き生きとした細部まで行き届いた解釈の音楽づくりは評価が高い。
客演指揮者として、ミュンヘン室内管、スコッティッシュ室内管、デンマーク王立管、シモン・ボリバル管、ザールブリュッケンドイツ放送フィル等を指揮する。2004年から2008年までは、マンハイム宮室内管弦楽団の首席指揮者を務めた。またシュトットガルト室内管弦楽団との長きにわたる関係を築き、2009年から2013年には同楽団の首席客演指揮者として、ホルシュタイン音楽祭、ルツェルン音楽祭でも人気を集めた。

2014年、ヘンスラー・クラシックでCDをリリース、シュトットガルト室内管とC.P.E.バッハのハンブルグ交響曲は国際的にも高く評価され、同作品では最も優れた演奏録音と評価されている。

2018年にはルツェルン音楽祭においてイギリス室内管弦楽団を振り、絶賛を浴びた。

 

“Simply wonderful” – Classics Today
“Exalted and joyous playing” – Stuttgarter Zeitung

Wolfram Christ, long-time first Principal Viola with the Berlin Philharmonic, Principal Viola of the Lucerne Festival Orchestra and Professor at Hochschule für Musik Freiburg, has become highly regarded as a conductor epitomising sincerity and musical integrity.

Praised for his exhilarating and sensitive interpretations, Wolfram Christ has already worked with orchestras on five continents, including the Munich and Scottish Chamber Orchestras, the Royal Danish Orchestra Copenhagen, the Iceland Symphony Orchestra, Orchestra Mozart of Bologna, Maggio Musicale Fiorentino, Basque National Orchestra San Sebastián, Simón Bolívar Orchestra Caracas, Auckland Philharmonia, KZN Philharmonic Orchestra Durban, Kansai Philharmonic Orchestra, the German Radio Philharmonic Saarbrücken, Camerata Madrid and the South West German Chamber Orchestra Pforzheim.

Between 2004 and 2008 Wolfram Christ was Principal Conductor of the Kurpfalz Chamber Orchestra Mannheim. Throughout this time he led the ensemble to a period of increased concert activity at home and abroad, and collaborated with internationally established soloists such as Sabine Meyer, Emmanuel Pahud, and Renaud Capuçon.

Wolfram Christ enjoys a long-term relationship with Stuttgart Chamber Orchestra, and held the post of First Guest conductor of the ensemble from 2009 to 2013. Highlights from his tenure include appearances at the Schleswig-Holstein and Lucerne Festivals in 2011, an extended tour of South America in 2012 as well as a project with pianist Hélène Grimaud in 2013.

Released in early 2014 on the hänssler CLASSIC label, Wolfram Christ’s recording of C.P.E. Bach’s Hamburg Symphonies with Stuttgart Chamber Orchestra has received international critical acclaim and is widely regarded as the finest performance of these works. The disc has been described by Classics Today as “gripping… hands down, the best version of these remarkable pieces yet recorded” and as “interpreted with great sensitivity and bite, when necessary” by Presto Classical.

Concert

新日本フィルハーモニー交響楽団 定期演奏会#613 ジェイド<サントリーホール・シリーズ>

  • 日時

    2019年11月30日(土)14:00開演

  • 会場

    サントリーホール

【指揮者変更のお知らせ】本公演におきまして、指揮を予定しておりましたジョゼップ・ポンス氏の来日は、ご本人の健康上の理由によりキャンセルとなりました。

代わりまして、ヴォルフラム・クリスト氏が出演いたします。また、氏の意向により演奏曲順を下記のとおり変更させていただきます。

【曲順変更後のプログラム】
ビゼー/シチェドリン:「カルメン組曲」
ベルリオーズ:ヴィオラと管弦楽のための交響曲「イタリアのハロルド」p.16*

【出演】 ヴォルフラム・クリスト(指揮) 井上典子(ヴィオラ)* 新日本フィルハーモニー交響楽団


Links