ヴォルフラム・クリスト

Wolfram Christ

Profile

ドイツ・ハッヘンブルク生まれ。フライブルク音楽大学に学び、22歳の時にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ソロ・ヴィオラ奏者となる。以来、ソリストとして、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルをはじめ、数多くの著名なオーケストラおよび指揮者と共演。室内楽奏者としても、マルタ・アルゲリッチ、ジェシー・ノーマン、ダニエル・バレンボイム、ジェームズ・レヴァイン等の錚々たるアーティスト達と国際的な音楽祭で共演し、レコーディングを行っている。1999年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を退団し、指揮者としての道を歩み始める。

これまでに、客演指揮者として、南アフリカのダーバン・フィルハーモニー管弦楽団、ベネズエラのシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ、デンマーク王立管弦楽団、ゲッティンゲン交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団等を指揮。2004年から2008年まで、マンハイム宮室内管弦楽団の首席指揮者を務め、その間ザビーネ・マイヤー(クラリネット)、エマニュエル・パユ(フルート)、アルブレヒト・マイヤー(オーボエ)、ルノー・カプソン(ヴァイオリン)、ダニエル=ミュラー・ショット(チェロ)らをソリストに迎えている。

2009年以来、シュトゥットガルト室内管弦楽団の首席客演指揮者を務めており、ドイツ国内外へのツアーを行っている。2012年には、同管弦楽団とともにルツェルン音楽祭およびシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭等の国際的な権威ある音楽祭に招かれている。

1999年以来、フライブルク音楽大学のヴィオラ課教授として後進の指導にもあたっている。

Concert


Links