Discography

ファジル・サイ、藤倉大、挾間美帆、佐藤芳明、和田薫の5人の気鋭の作曲家に新倉自身が作品を委嘱、全曲世界初演という記念碑的アルバム!

11月の夜想曲 ~ 新倉瞳 委嘱作品集 (世界初演初録音) 10/20 Release

フル・オーケストラによるサイの壮大な作品に始まり、塚越のマリンバ、佐藤のアコーディオン、そして林の大太鼓とチェロのデュオといったレコーディングの限界に挑んだともいえる、心震える渾身のディスク。

新倉瞳のメッセージ
今回のアルバムには、「11月の夜想曲 ~ 新倉瞳 委嘱作品集 (世界初演初録音)」というとても立派なタイトルがついているのですが、もっとシンプルに表現すると、私が強く感じた「好き」がギュッと詰まっているアルバムです。 また、今回委嘱させて頂いた作曲家の皆さまと一緒に音を奏でてくださった演奏家の皆さまは、それぞれの世界で簡単には語り尽くせない素晴らしい音楽人生を歩んでおられます。ただ、そのようなバックグラウンドとは関係なく、シンプルに「好きです!尊敬しています!」という気持ちで私はお付き合いをさせて頂いております。 時は遡り、2013年冬、スイスのチューリッヒのとある音楽カフェ・バー。 クラシック音楽の世界で育った私ですが、友人に誘われたライブで偶然聴き、第六感で「好き!!」と初めて感じ、のめり込んだ音楽がクレズマー音楽(東欧のユダヤ音楽)でした。 留学先のスイスでは、現代音楽・バロック音楽…とにかくあらゆる音楽の形態から影響を受けましたが、その中でも、クレズマー音楽から自然に学ぶことが大きく、気が付いたらクレズマーバンドのメンバーとしても活動するようになっていました。 そんな直感的に感じた「好き」に一度出逢うと、それ以降は様々な場面で自分の気持ちに素直になれ「好きなモノ」に気付けるようになりました。 そして、2016年のファジル・サイ氏との出逢いをきっかけに、サイ氏をはじめ、私が惚れ込んでいる藤倉大氏、挾間美帆氏、佐藤芳明氏、そして和田薫氏にも曲を書いて頂きたいと思い、5曲の我が子、このアルバムがオギャーと生まれることになったわけです。 時を重ねるほどに「好き」の前向きな気持ちは自身の表情や行動に表れてきていると感じております。これからもその気持ちの向かう先に、自分とその周りの人々の笑顔があるのであれば、「好き」は悔いなく伝え、行動したいと思っています。 人生一回きり、産まれてきてよかった、「あなた」と出逢えてよかった。と、このアルバムを聴いてくださる皆さまが、皆さまのそれぞれの「あなた」を思い浮かべ、笑顔になって頂けましたら幸いです!

  • 収録曲

    【曲目】
    ファジル・サイ: 11月の夜想曲 ~ チェロと管弦楽のための
    1. 終わりのない夜の夜想曲
    2. 孤独な夜想曲
    3. 夜歩きの夜想曲
    4. 心象の夜想曲
    5. 青い夜想曲
    藤倉 大: スパークラー ~ チェロのための
    挾間美帆: 組曲「イントゥー・ジ・アイズ」
    第1曲 サンフランシスコ
    第2曲 デュッセルドルフ
    第3曲 チューリッヒ
    第4曲 東京
    佐藤芳明: 2つの楽器のための2つのカノン
    第1曲 寛容
    第2曲 琢磨
    和田 薫: 巫 ~ チェロと和太鼓のための
    ニーグン(伝承曲)

    【演奏】
    新倉瞳(チェロ)
    飯森範親(指揮) 東京交響楽団[ファジル・サイ]
    塚越慎子(マリンバ) [挾間美帆、ニーグン]
    佐藤芳明(アコーディオン) [佐藤芳明、ニーグン]
    林英哲(太鼓) [和田薫、ニーグン]

    くわしくはこちらをクリック(Tower Records Onlineのサイトに移行します)

     

  • 録音

    2020年3月21日 東京オペラシティ コンサートホール(ファジル・サイ)、2021年1月23日Hakuju Hall でのライヴ・レコーディング/高音質DSD11.2MHz録音/SACDハイブリッド盤

  • 販売価格(税抜)

    3,000円