中丸 三千繪

Michie Nakamaru
<特別協力アーティスト>

Profile

YouTube : Lascia ch’io pianga, Opera “Rinaldo” , Händel 

Click here !

桐朋学園大学声楽科卒業。同大学研究科修了。在学中よりニューヨーク・ザルツブルグに留学。1986年、小澤征爾指揮、R.シュトラウス『エレクトラ』のタイトルロールでデビュー。1988年第3回「ルチアーノ・パヴァロッティ・コンクール」優勝。「ラ・ボエーム」でヨーロッパデビューを果たす。第4回「マリア・カニリア・コンクール」優勝、第27回「フランチェスコ・パオロ・ネリア・コンクール」優勝。1989年『愛の妙薬』でルチアーノ・パヴァロッティと共演し、アメリカ・デビュー。1990RAI(イタリア国営放送)主催「マリア・カラス国際声楽コンクール」で優勝(日本人初)。

以来、ミラノ・スカラ座でのムーティ指揮、ワーグナー『パルジファル』など、世界各国の歌劇場で、プラシド・ドミンゴ、ホセ・クーラ、ロリン・マゼール、ケント・ナガノと「椿姫」「ノルマ」「ドン・ジョヴァンニ」「モーゼ」「ルイ・ザ・ミラー」「マダム・バタフライ」などで共演。1994年には、ベルサイユ宮殿での英仏チャリティコンサートに、故ダイアナ妃臨席の下、フランス代表として出演。

1995年、MODA(イタリア貿易復興会)Made in Italy賞を受賞。1997年、歌舞伎座にて史上初めてとなるソロ・リサイタルを行う。

フィルハーモニア管弦楽団、ハンガリー放送交響楽団、スロヴァキア国立放送交響楽団など世界のトップオーケストラとの共演も多く、ポーランド国立歌劇場日本公演「椿姫」では絶賛された。

近年では三枝成彰作曲モノオペラ『悲嘆Grief』世界初演、静岡グランシップ開館10周年記念事業『椿姫』に出演。昨年はプラハ国立歌劇場日本ツアーにも帯同するなど、日本におけるオペラ活動にも積極的に取り組んでいる。

東芝EMIより、ローマ国立歌劇場でのマスカーニ「イリス」や「ベルリンフィン12人のチェリスト」と共演したCDをはじめ、20以上のタイトルのCDをリリースしている。

著書「マリア・カラス・コンクール スカラ座への道」、エッセイ集「声のある時間」を出版。最近はTBS系番組「ジョブチューン」等、TVへの出演も多い。

1998年より、世界各地で小児ガンを支援するチャリティコンサートを行っており、天皇皇后両陛下ご臨席のチャリティコンサートにも出演するなど、社会活動においても高い評価を受けている。メジャーリーグ開幕戦開会式、サンフランシスコ講和条件締結50周年記念式典(於ワシントン)、日本ダービー、サッカー国際試合などで日米両国国歌を斉唱。2006年、イタリア文化の貢献でイタリア連帯の星勲章”コメンダトーレ章(Commendatore dell’ Ordinedella Stella della Solidarieta Italiana)がイタリア大統領より授与。

Concert


Links

https://nakamaru-michie.jp/