コンサート

チケットお引渡し方法

■お電話でのお申込み後1週間以内に、チケット代金に送料420円を加え下記口座までお振込みください。ご入金確認後、10日以内に簡易書留にて チケットをお送りいたします。なお期限内にお振込みの確認ができない場合はキャンセルとさせて頂きます。

※弊社では、日本郵便の配達記録にてチケットをお送りしてきましたが、平成21年2月28日の配達記録の取扱い廃止に伴い、平成21年3月1日より簡易書留(送料420円)にてチケットをお送り申し上げます。何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※振込先 ◎みずほ銀行 六本木支店 普通口座2284767/口座名義:株式会社アスペン
詳しいことはお電話にてお問合せ先ください。
アスペン TEL:03-5467-0081

  • 鈴木理恵子&若林顕
    第1回ヴァイオリン・ソナタ
    全曲演奏会
    ベートーヴェン・イヤー・シリーズ

    「ジャジャジャジャーン」で始まる『運命』、「歓喜の歌」とともに12月に聴き馴染みのある『第九』……。
    数多くの有名曲を生み出した音楽史の革命家・“楽聖”ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、2020年に生誕250周年を迎えます。
    相模湖交流センターでは記念すべきこの年に、録音・コンサートと当館に馴染みのある2人による、全4回のヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会を開催。
    生誕250周年を機に、ベートーヴェンのヴァイオリン音楽を辿ります!

    • 日時

      2020年1月25日(土)14:00開演(13:30開場)

    • 会場

      相模湖交流センター 多目的ホール

  • ショパン・全ピアノ作品シリーズ
     ショパンを巡る旅 2018-2020
    2019年度Vol.6-10

    3年・15回にわたるシリーズ、2019年5月より2年目スタート!
    “音楽の求道者” 若林顕が誘う、3年にわたるショパンを巡る旅
    2019年に没後170年、そして2020年に生誕210年を迎える“ピアノの詩人”ショパン。
    週末の夜を彩るにふさわしい名曲の数々をお届けします。

    • 日時

      2019年 Vol.6:5/10金曜、Vol.7:7/5金曜、Vol.8:9/20金曜、Vol.9:11/29金曜、2020年 Vol.10:1/31金曜 各日19:30開演(19:00開場/公演時間:休憩なし・約80分)

    • 会場

      横浜市戸塚区民センターさくらプラザ・ホール

  • 台湾フィルハーモニック
    室内楽コンサート
    Taiwan Philharmonic Chamber Music Concert

    台湾にゆかりの実力派アーティスト&フレンズが結集!

    作曲家シアン・チャン(張玹)の作品を世界初演いたします。

    ブラームス、ドヴォルザークの名曲とともに

    Hakuju Hallにて新春の室内楽の一夜をご堪能ください。

    Talented artists and friends related to Taiwan are gathered!
    The world premiere of the work by composer Sian Chang (Zhang Yi) will be performed in the world. Brahms with Dvorak’s masterpieces Enjoy a night of New Year’s in-room music at Hakuju Hall.

    • 日時

      2020年1月21日(火)19:00開演 18:30開場
      Tuesday, 21. January  19:30

    • 会場

      白寿ホール
      Hakuju Hall

  • 佐藤卓史
    シューベルト ツィクルス 12
    Schubert-Zyklus 12

    佐藤卓史  シューベルト ツィクルス

    ピアノ全曲演奏会 

    第12回 ピアノソナタⅣ -はじめてのソナター

     

    • 日時

      2020年3月1日 (日)14:00開演(13:30開場)

    • 会場

      音楽の友ホール

  • 神々の黄昏 Götterdämmerung

    びわ湖ホール プロデュースオペラ

    ワーグナー作曲「ニーベルングの指輪」第3日 神々の黄昏 全3幕 (ドイツ語上演・日本語字幕付)

     ”創造する劇場”として情報発信を目指すびわ湖ホール。2016年度からは、オペラ作品の中でもひときわ異彩を放つワーグナーの大作≪ニーベルングの指環≫四部作を4年かけて単独で制作、2019年度は4部作の完結作、第3日『神々の黄昏』が上演されます。

    演出にはオペラ界の重鎮であるミヒャエル・ハンペ、舞台装置・衣裳デザイナーには画家としても高名なヘニング・フォン・ギールケを迎え、びわ湖ホールの舞台機構を活用した「決定版」とも言うべき舞台にグンター役として髙田智宏が出演致します。 

    Biwako Hall Produce Opera

    Wagner’s “Der Ring des Nibelungen” Day 3 -Götterdämmerung- All 3 Acts (Germany with Japanese subtitles)

    Biwako Hall aims to transmit information as a “creative theater”. From fiscal 2016, Wagner’s masterpiece that shines in the opera works ≪ Der Ring des Nibelungen ≫ is a four-part work alone over four years. This year, it will now be a completed four-part work as the third day “Götterdämmerung” will be staged.

    Directed by Michael Hampe, a major opera director, together with the stage and costume designer Henning von Girke. A stage that can be called the “ final edition ” utilizing the stage mechanism of Biwako Hall. Tomohiro Takada will appear as Gunther.

     

    指 揮:沼尻竜典

    Conducteor:Ryusuke Numajiri (Artistic Director of BiwakoHall)

    演 出:ミヒャエル・ハンペ

    Stage Director : Michael Hampe

    管弦楽:京都市交響楽団

    Kyoto Symphony Orchestra

     

     

    • 日時

      2020年3月8日(日) 13:00開演 12:15開場 19:00終了予定
      Sunday, 8. March 2020 13:00 (12:15 Door Open)

    • 会場

      滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホール
      Biwako Hall Center for the Performing Arts

  • ブルーオーロラ
    サクソフォン・カルテット

    軽妙なトークとともに音楽と過ごす楽しい午後をお届けする音楽堂アフタヌーンシリーズに、サックス界のトップを走る平野公崇が今ソロでも引っ張りだこの若手とともに結成したブルーオーロラ サクソフォン・カルテットが登場!

    ソプラノからバリトンまで多彩な音色のサクソフォンを自在に操り、精緻で比類のないアンサンブル、美しいハーモニーで聴くもの見るものを虜にします。グループ名の由来となった武満徹「一柳慧のためのブルーオーロラ」をはじめ、バッハからベートーヴェンの名曲「月光」、なつかしい日本の歌まで、サックスの魅力全開で聴かせます! きっと貴方もサックスに恋するはず!

    当日はホワイエを開放してマルシェも開催。ル・コルビュジエに指示した前川國男設計の開放感あふれる名建築、音楽堂で心地よい春の1日をお過ごしください。
    ★本公演のテナー奏者は、加藤里志が出演致します。

    • 日時

      2020年03月20日(金・祝) 14:00開演 (13:30開場)

    • 会場

      神奈川県立音楽堂