コンサート

チケットお引渡し方法

■お電話でのお申込み後1週間以内に、チケット代金に送料370円を加え下記口座までお振込みください。ご入金確認後、レターパックにて チケットをお送りいたします。なお期限内にお振込みの確認ができない場合はキャンセルとさせて頂きます。

※振込先 ◎みずほ銀行 六本木支店 普通口座2284767/口座名義:株式会社アスペン
詳しいことはお電話にてお問合せ先ください。
アスペン TEL:03-5467-0081

  • Save The Young Artists®
    オンライン・コンサート
    澤和樹プロデュース第2弾
    ほのカルテット with 澤和樹

    Save The Young Artists®オンライン・コンサートの第2フェーズ=東京藝術大学の学長にしてヴァイオリニストの澤和樹プロデュースの第2弾、お待たせしました!

    Vol. 2は、ほのカルテット。モーツァルトの弦楽五重奏曲第3番では、学長自らヴァイオリンをヴィオラに持ち替えて演奏に参加しています。

    動画はこちらをクリック

    • 日時

      2021年8月31日(火)~配信開始

    • 会場

      アスペン・オンライン・コンサート

  • 澤 和樹・蓼沼恵美子
    ~結成45周年記念~
    デュオ・リサイタル
    11/27(土)14:00開演
    東京文化会館小ホール

    澤と蓼沼の円熟デュオが結成45年を記念して織りなす藝術世界

    澤 和樹(ヴァイオリン)&  蓼沼恵美子(ピアノ)デュオ結成45周年記念 リサイタル

     

     

     

     

    • 日時

      2021年11月27日(土)14:00開演(13:15開場)

    • 会場

      東京文化会館小ホール

  • 若林 顕セルフプロデュース
    ショパン:全ピアノ作品シリーズ
    「ショパンを巡る旅 2018-2020」
    ラストシーズン振替公演(残3公演)
    Vol. 13: 9/17(金)19:30開演

    “音楽の求道者”  若林 顕が誘う、ショパンを巡る旅 

    “ピアノの詩人”ショパンの美しい旋律が週末の夜を彩ります。

    若林 顕 セルフ・プロデュース ショパン:全ピアノ作品シリーズ ショパンを巡る旅 2018-2020【2020年度振替公演】

    【出演】ピアノ/若林 顕

    【共演】Vol.12 第1ヴァイオリン/鈴木理恵子、第2ヴァイオリン/山田百子ヴィオラ/鈴木康浩、チェロ/毛利伯郎 Vol.15 チェロ/安田謙一郎

     2021.5月・7月・9月・11月・2022年2月 各回金曜日 5回開催 各回19:30開演(19:00開場) 戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール

    くわしくはこちらをクリック(戸塚さくらプラザのHPに移行します)

    • 日時

      2021年5月21日、7月9日、9月17日、11月5日、2022年2月25日、各回金曜日 19:30開演

    • 会場

      横浜市戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール

  • 布谷史人(マリンバ)
    &ベンヤミン・ヌス(ピアノ)
    デュオ・リサイタル
    10/9(土)14:00開演
    浦安音楽ホール
    公演中止(延期予定)

    この公演は中止となりました(延期予定)。

    くわしくはこちらをクリック(浦安音楽ホールのWebsiteに移行します)

    ピアソラ生誕100周年の年に贈る、心揺さぶられる布谷史人のマリンバ。

    • 日時

      2021年10月9日(土)14:00開演(13:30開場)

    • 会場

      浦安音楽ホール コンサートホール

  • 佐藤卓史
    シューベルトツィクルス第15回
    ―4手のための行進曲—
    12/7(火)19:00開演
    東京文化会館小ホール

    佐藤卓史 シューベルトツィクルス 第15回—4手のための行進曲— 2021年12月7日(火)19:00開演 東京文化会館小ホール

    チケット好評発売中

    • 日時

      2021年12月7日(火)19:00開演

    • 会場

      東京文化会館小ホール

  • ブルーオーロラ
    サクソフォン・カルテット
    フィリアホール特別コンサート
    10/23(土)14:00開演

    サクソフォン・カルテットのパイオニアが挑む、次なる境地。

     サクソフォン業界で独自の活動を続ける平野公崇率いる「ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット」。武満徹の作品「一柳慧のためのブルー・オーロラ」から名を冠するこの常設サクソフォン四重奏団は、強烈にずば抜けたテクニック、緻密すぎるほど緻密なアンサンブル、オリジナル・アレンジ作品問わず一つの芸術作品として徹底的に磨き上げ、聴衆の想像を常に超えるハイ・クオリティな演奏で、サックス愛好家はもちろん、現役奏者たちからも一目置かれる存在です。フィリアホールでも、カルテットで、またフランスの「ハバネラ サクソフォン・カルテット」との八重奏という形で、圧倒的なアンサンブルを聴かせてきました。
     そんな彼らの新たなリサイタルが決定!プログラムでも注目すべきは、ドビュッシー、ヴィラ=ロボス、ボロディン、そしてアイルランド民謡と、国も時代も様々なヨーロッパ作曲家の抒情的な名品。愛好家はもちろん、「サクソフォン四重奏の曲にはなじみがなくて…」という方にこそ、この名手四人が生み出す、楽器のイメージを刷新するエモーショナルであまりに豊かな音世界に、ぜひ衝撃を受けていただきたいと思います。

    くわしくはこちらをクリック(フィリアホールのWebsiteに移行します)

    • 日時

      2021年10月23日(土)14:00開演

    • 会場

      フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)