若林顕

Akira Wakabayashi

Profile

常人離れした技巧、オーケストラに匹敵する表現力。 世界に飛翔する、日本を代表するヴィルトゥオーゾ・ピアニスト。 若林顕(ピアノ) プロフィール  20歳で第37回ブゾーニ国際ピアノコンクール第2位、22歳でエリーザベト王妃国際コンクール第2位の快挙を果たし、一躍脚光を浴びた。その後国内外の多数のオーケストラとの共演や国内外でのソロ・リサイタル等、多忙な演奏活動を展開し、現在に至るまで常に第一線で活躍し続けている。
 東京芸術大学で田村宏氏に、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院、ベルリン芸術大学でハンス・ライグラフ氏に学ぶ。
第3回出光音楽賞、第10回モービル音楽賞奨励賞、第6回ホテルオークラ賞受賞。
2002年にニューヨーク・カーネギーホール(ワイル・リサイタル・ホール)で鮮烈なリサイタル・デビューを果たし、カナダ・トロントの「ミュージック・トロント・チェンバー・ミュージック・シリーズ」やシカゴの「マイラ・ヘス=リサイタル・シリーズ」で大成功を収めて再招聘されるほか、フランス・ナントでの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」、ストックホルムの「アモリナ・リサイタルシリーズ」などにも出演。また、英国マンチェスターの「ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック」でのマスタークラス、フランス・ティーニュの「ミュージック・アルプ」Music Alp等、活動領域を着実に拡大している。
 共演したオーケストラは、NHK交響楽団をはじめとする国内の主要なオーケストラのほか、ベルリン交響楽団、サンクトペテルブルク交響楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団、エーテボリ交響楽団、ノールショピング交響楽団、リンブルク交響楽団、パドゥルー管弦楽団、スコットランド室内管弦楽団といった海外の名門オーケストラも多数。ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー、ゲルト・アルブレヒト、アレクサンドル・ラザレフ、ダニエル・ハーディング、オスモ・ヴァンスカ、ウラディーミル・スピヴァコフ、ゲルハルト・ボッセ、ヘルムート・ヘンヒェンといった名指揮者とも数多く共演している。
 室内楽の分野では、カルミナ弦楽四重奏団、ライプツィヒ弦楽四重奏団、ウィーン八重奏団、コリア・ブラッハー、スティーヴン・イッサーリス、カール・ライスター、フランソワ・ルルー、ラデク・バボラクなど、内外の名手達と数多く共演し、好評を博している。また、近年はヴァイオリニスト鈴木理恵子とのデュオで、作品の本質に迫る深い音楽性が各地で非常に高い評価を受けている。
 レコーディングではこれまでに多数ソロ・アルバムをリリース。2013年以降続々とリリースされた、「ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番、前奏曲」、「ベートーヴェン:3大ピアノ・ソナタ」、「チャイコフスキー:くるみ割り人形(ピアノ独奏版・世界初録音)」、「リスト:ピアノ作品集」、「チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(ラザレフ指揮日本フィルとのライヴ)」、「ショパン:エチュード全集」、は全てレコード芸術・特選盤となり、極めて高い評価を受け続けている。2018年リリースの最新盤「ショパン:エチュード全集」では、レコード芸術で「これは超弩級の形容がふさわしい、稀に聴くほどの名演譜である・・詩人ショパンの微笑が、難技巧を超えて輝く名演・・これを待っていた、」(濵田滋郎氏推薦)、「1音の存在感、鉄壁の技術と洗練された音楽性…唯一無二の音楽が響いている。知情意の均衛のとれた名演である」(那須田務氏推薦)と評された。また、2014年以降リリースされた鈴木理恵子とのデュオによるCDも「シューベルティアーナ」、「モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.1」、「レスピーギ&フランク:ヴァイオリン・ソナタ」(いずれもレコード芸術準特選盤)、「モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.2、Vol.3」(いずれもレコード芸術特選盤)、と常に高い評価を受けている。
 リサイタルにおいては2014年に続き、2016年にも再び、サントリーホール(大ホール)でソロ・リサイタルを行い、「類のない高次元の名演」「圧巻のリサイタル」と評され大成功をおさめた。 また、自身では3回目となる「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲シリーズ」を2017年に完結し、2018年より「ショパン:ピアノ作品全曲シリーズ」を新たに開始。「エチュードOp.10全12曲」を含むリサイタルでは、「完璧なエチュード ヴィルトゥオーゾ・ピアニストの本領発揮」と大絶賛された。
 2020年の春にはドイツでソロ・アルバムのレコーディング、秋には東京芸術劇場コンサートホールでのソロ・リサイタルが予定されている。

オフィシャルHP http://www.wakabayashi-akira.com/

Japanese pianist Akira Wakabayashi is one of Japan’s prominent virtuosos, highly acclaimed around the globe. He is known for his extraordinary technique, and dynamic expression even comparable to an orchestra. Akira Wakabayashi studied under Hiroshi Tamura at The Tokyo University of Arts, and Hans Leygraf at the Mozarteum Academy in Salzburg and Universität der Künste Berlin. He won the second prize in the piano category at the 51st Music Competition of Japan in 1982. He received the second prize at the 37th Busoni International Piano Competition in 1985. In 1987, when he was only 22 years old, he was awarded the second prize at Queen Elisabeth International Music Competition, which has thrown him into the public limelight. Since then, he has been very active giving concerts and recitals throughout the country. He performs with number of orchestras within Japan and overseas. He gave his acclaimed New York recital debut at Carnegie Hall (Weill Recital Hall) in 2002. He has achieved immense successes in Music Toronto’s Chamber Music Series in Canada and in the Dame Myra Hess Memorial Concert Series in Chicago, for which he has been re-invited. Other appearances include the performances at “la Folle Journee” de Nantes festival in France, and in the Amorina Piano Recital Series in Stockholm. He has steadily broadened his scope and gave master classes at “Royal Northern College of Music” in Manchester, UK. The orchestras he has collaborated with include the major Japanese orchestras for example NHK Symphony Orchestra, and renowned overseas orchestras such as The Berliner Symphoniker, St.Petersburg Academic Symphony Orchestra, Russian National Orchestra, Gothenburg Symphony Orchestra, the Norrköping Symphony Orchestra, the Limburg Symphony Orchestra, The Pasdeloup Orchestra, and Scottish Chamber Orchestra. He has also worked with many notable conductors. They include Gennady Rozhdestvensky, Gerd Albrecht, Alexander Lazarev, Daniel Harding, Osmo Vänskä, Vladimir Spivakov, Gerhard Bosse, and Hartmut Haenchen. In the chamber music field, Wakabayashi has jointly performed with a number of Japanese and overseas distinguished musicians including Kolja Blacher, Steven Issarlis, Tsuyoshi Tsustumi, Karl Leister, Francois Leleus, Radek Baborak, Leipzig String Quartet, and Vienna Octet. His performances in this field with these musicians are always appealing. His recent concerto performances, where he plays his instrument as well as takes the role of conductor, have been receiving a great attention. In late years, he has also done a number of collaborations with Rieko Suzuki, violinist and his wife; their performances conveying their deep insights into the music are highly appraised for their artistry. Wakabayashi’s works have been released on various labels such as Denon, Live Notes, and Octavia to date. In the spring of 2013, he and Rieko Suzuki have jointly released “Brahms: Violin Sonatas No. 1, 2, and 3,” (King International label), “Schubertiana” (Octavia Records), “Mozart: Violin Sonatas Vol.1 – Vol. 3” (Octavia Records). As a soloist, he has released “Rachmaninov: Piano Sonata No.2, Preludes” in the autumn of 2013, “Beethoven: Piano Sonatas Nos. 8, 14, 23 Für Elise” in January, 2014, “The Nutcracker Edition for piano by Tchaikovsky” in November, 2014, “Liszt: Piano Works” in June, 2015, “Tchaikovsky: Piano Concerto No. 1 [Live recording with A. Lazarev & the Japan Philharmonic Orchestra]” in December 2016 (Octavia Records). Five solo albums were selected as “Highly Recommended Discs” in the magazine “Record Geijyutsu” (‘The Art of Records’). His solo recital in January 2014 and in January 2016 at the main hall of the Suntory Hall was a big success and received great responses. The recital in January 2014 went on air in the “Best of Classic” program of NHK FM. Akira Wakabayashi keeps pursuing quality sounds for his ideal music he images in his mind. He does so intensely for: refining his expressions, like “Espressivo (expressively)” and “Cantabile (in a smooth, lyrical, flowing as you sing a song,)” which require some extra caliber since piano is not suitable for sustaining drones; seeking a way to express, for instance, “an explosive fracture” with piano, which only a large size orchestra group could do seemingly; and creating sounds so that each of them, even the faintest one, could have a universe within. Only a true virtuoso can achieve rich and profound musical expressions with a full array of sophisticated sounds. He has received the Idemitsu Award in 1992, the Mobil Award (Incentive Award) in 1998, and Hotel Okura Music Award in 2004. He is a guest professor of Tokyo College of Music & Graduate School, a special-appointment professor of Toho Gakuen School of Music & Graduate School, a professor on the faculty of music of Kunitachi College of Music, a guest professor of Faculty of Music & Fine Arts Department of Music of Sapporo Otani University.
Official Site : http://www.wakabayashi-akira.com/

Concert

若林 顕 セルフ・プロデュース ショパン・全ピアノ作品シリーズ ショパンを巡る旅 2018-2020《全15回》ラストシーズ Vol.11-15

  • 日時

    2020年5月22日(金)Vol.11 /7月3日(金)Vol.12 /9月18日(金)Vol.13/11月6日(金)Vol.14/2021年2月26日(金)最終回 Vol.15 各回 19:30開演(19:00開場)

  • 会場

    戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール

【出演】若林顕(ピアノ)

【共演】Vol.12 鈴木理恵子、山田百子(ヴァイオリン)
          鈴木康浩(ヴィオラ)毛利伯郎(チェロ)
                Vol.15 安田謙一郎(チェロ)

 

5月22日(金)
Vol.11 -苦難を乗り越え、栄光へ-
2つのポロネーズ 第3番「軍隊」、第4番 op. 40
3つのノクターン 第4番~第6番 op. 15
マズルカ 第52番、第55番、第51番「ノートル・タン」&第57番
バラード 第3番 op. 47
12のエチュード op. 25

7月3日(金)
Vo.12 -コン・グラン・エスプレッシオーネ ―ピアノによるベルカント―
ノクターン 第20番 「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
4つのマズルカ 第26番~第29番 op. 41
ポロネーズ 第13番、第14番
スケルツォ 第4番 op.54
ポーランドの歌による幻想曲 op.13
ピアノ協奏曲 第2番 op.21

9月18日(金)
Vol.13 -偉大なベートーヴェンの影から-
ワルツ 第1番 「華麗なる大ワルツ」 op.18
ピアノ・ソナタ 第1番 op. 4
2つのノクターン 第11番・第12番 op.37
3つのマズルカ 第33番~第35番 op.56
スケルツォ 第3番 op.39

11月6日(金)
Vol.14 -ロベルト・シューマンの夢と…-
バラード 第2番 op.38
4つのマズルカ 第10番~第13番 op.17
ワルツ 第15番、第19番&第14番
序奏とロンド op. 16
幻想即興曲 op. 66
カンタービレ/ラルゴ/2つのブーレ/プレリュード/コントルダンス
3つの新しいエチュード
幻想曲 op. 49

2021年2月26日(金)最終回 Vol.15
Vol.15 -ショパン、その終に奏でられたのは…-
ポロネーズ 第15番 「別れ」、第16番
チェロとピアノのためのソナタ op. 65
4つのマズルカ 第46番~第49番 op.68
子守歌 op.57
ポロネーズ 第7番「幻想ポロネーズ」 op.61

若林 顕 セルフ・プロデュース ショパン・全ピアノ作品シリーズ ショパンを巡る旅 2018-2020《全15回》 Vol.9「祖国ポーランドよ、永遠に」

  • 日時

    2019年11月29日(金)19:30開演(19:00開場)

  • 会場

    横浜市戸塚区民センターさくらプラザ・ホール

プログラム:
・ポロネーズ 第8番 op. 71-1
・3つのマズルカ(第36番~第38番) op. 59
・ポロネーズ 第9番 op. 71-2
・マズルカ風ロンド op. 5
・ワルツ 第18番
・ワルツ 第16(14)番
・ワルツ 第17(19)番 「ソステヌート」
・2つのノクターン(第13番・第14番) op. 48
・スケルツォ 第1番 op. 20

※曲目・曲順は予告なく変更する場合がございます。

鈴木理恵子 室内楽シリーズ Vol.11 至高のデュオ ブラームス :ヴァイオリン・ソナタ全曲集

  • 日時

    2019年12月21日(土)14:00開演(13:30開場)

  • 会場

    戸塚区民文化センターさくらプラザ・ホール

【曲目】
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ
・第1番 ト長調 Op.78「雨の歌」
・第2番 イ長調 Op.100
・第3番 ニ短調 Op.108
【出演】
鈴木理恵子(ヴァイオリン)
若林顕(ピアノ)
【料金】
全席指定 一般 3,000円/ペアチケット 5,000円/学生 1,500円
戸塚区民文化センターさくらプラザ
TEL:045-866-2501 (受付時間 9:00~21:00)

若林 顕 セルフ・プロデュース ショパン・全ピアノ作品シリーズ ショパンを巡る旅 2018-2020《全15回》 Vol.10「オペラから生まれたヴィルトゥオジティ」

  • 日時

    2020年1月31日(金)19:30開演(19:00開場)横浜市戸塚区民センターさくらプラザホール

  • 会場

    横浜市戸塚区民センターさくらプラザ・ホール

プログラム:

・プレリュード op. 45

・即興曲 第2番 op. 36

・3つのマズルカ(第30番~第32番)

・ギャロップ・マルキ(1846)

・3つのエコセーズ op. 72-3

・華麗なる変奏曲(エロールの「ルドヴィク」のロンド・ファヴォリ「私は僧衣を売る」による) op. 12

・2つのノクターン(第9番・第10番)op. 32

・ピアノ・ソナタ 第3番 op. 58

ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭2019 ~超える・交わる・聴こえてくる~

  • 日時

    2019年11月 10日 (日) 14:00開演(13:30開場)

  • 会場

    横浜みなとみらいホール 小ホール

【出演】
鈴木理恵子(ヴァイオリン・音楽監督)
若林顕(ピアノ)
石川高(笙)
巻上公一(声・ホーメイ・語り・花架拳)
松原賢(美術)
【プログラム】
EXTENDEDスペシャル・コンサート
13:45~ プレトーク:西村朗&藤枝守/
プレ・パフォーマンス:即興演奏 石川高
第1部 聖なる調べ~「月光」とロマン派の傑作 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」/チャイコフスキー:ノクターン/シューマン:献呈~「ミルテの花」による/ブラームス:幻想曲集Op.116 若林顕(ピアノ)巻上公一(語り)
第2部 祈り~クロイツェル・ソナタ バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より「シャコンヌ」/シューベルト:アヴェ・マリア/ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」 鈴木理恵子(ヴァイオリン)巻上公一(語り)
第3部 時空を超えて 古典雅楽/ホーメイ 西村朗:アリラン幻想曲/池辺晋一郎:モロッコのユダヤ民謡/ジャック・ボディ:「ミケランジェロの瞑想」より/藤枝守「大楠の精霊」植物文様第29集(2019)~ヴァイオリンとピアノによる二重奏版(初演)ほか
【チケット】
全席指定3,000円
横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000(電話予約10:00~17:00/窓口 11:00~19:00 休館日・保守点検日を除く) チケットセンターWEB http://minatomirai.pia.jp
横浜音祭りチケットセンター(神奈川芸術協会内)045-453-5080 チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:151-636) 

【主催】 ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭実行委員会
【共催】 横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)/横浜アーツフェスティバル実行委員会
【マンジメント】アスペン
【協賛】(株)ヤマハミュージックジャパン
【後援】一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

若林 顕 セルフ・プロデュース ショパン・全ピアノ作品シリーズ ショパンを巡る旅 2018-2020《全15回》 Vol.7「こうして始まった」]

  • 日時

    2019年7月5日(金)19:30開演

  • 会場

    横浜市戸塚区民センターさくらプラザ・ホール

共演:マッツ・ヤンソン(Pf)
プログラム:
・ポロネーズ 第11番
・ポロネーズ 第12番
・3つのワルツ(第11番~第13番) op. 70
・2つのノクターン(第7番・第8番) op. 27
・ ロンド op. 73
・ 序奏、主題と変奏 (ピアノ連弾)
・4つのマズルカ(第18番~第21番) op. 30
・バラード 第4番 op. 52

※曲目・曲順は予告なく変更する場合がございます。

若林 顕 セルフ・プロデュース ショパン・全ピアノ作品シリーズ ショパンを巡る旅 2018-2020《全15回》 Vol.8「ヴァルデモッサのカルトゥハ修道院からの便り」」

  • 日時

    2019年9月20日(金)19:30開演(19:00開場)

  • 会場

    横浜市戸塚区民センターさくらプラザ・ホール

プログラム:
・2つのポロネーズ(第1番・第2番) op. 26
・マズルカ(第54番)
・マズルカ(第58番)
・マズルカ(第56番)
・マズルカ(第53番)
・ノクターン
・マズルカ(第50番 「エミール・カイヤールに捧ぐ」)
・演奏会用アレグロ op. 46
・24のプレリュード op. 28

※曲目・曲順は予告なく変更する場合がございます。

静岡交響楽団 第88回定期演奏会

  • 日時

    2019年9月28日(土)14:00開演

  • 会場

    清水文化会館マリナート

プログラム
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」op.5 序曲
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 op.16
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 op.64

高関健(指揮)

若林顕ピアノ・リサイタル

  • 日時

    2019年10月5日(土)14:00開演

  • 会場

    ときがわ町文化センター アスピアたまがわ(埼玉県)

第15回記念
ときがわ音楽フェスティバル
プログラム:
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」
ショパン:マズルカ第20番/幻想即興曲/バラード第4番/練習曲第3番「別れの曲」、第12番「革命」
チャイコフスキー:ノクターン
リスト:愛の夢第3番、ハンガリー狂詩曲第2番

ばらのまち福山国際音楽祭2019:ピアノ名曲リレーコンサート~ショパン~

  • 日時

    2019年10月12日(土)14:30開演

  • 会場

    ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 小ホール

【出 演】
ピオトル・パレチニ(ピアノ)
斎藤雅広(ピアノ)
三舩優子(ピアノ)
若林顕(ピアノ)
ローズアカデミー受講者
【曲目】
ショパン没後170年に当たることから,ショパン作曲のピアノ曲から出演者が選曲する
【料金】
全席自由(税込)500円
※未就学児入場不可

ばらのまち福山国際音楽祭2019:ピアノスペクタクル!音の饗宴✖3台ピアノ・コンサート

  • 日時

    2019年10月12日(土)19:00開演

  • 会場

    ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール

【出 演】
斎藤雅広(ピアノ)
三舩優子(ピアノ)
若林顕(ピアノ)
【曲目】
グリュンフェルド:ウィーンの夜会    ビゼー:ファランドール(組曲「アルルの女」)
シャンソン・メドレー:ラ・メール~パリの空の下~パリのお嬢さん~ミロール
チャーチル:いつか王子様が(ピアノ2台)
ピアソラ:リベルタンゴ(ピアノ2台とヴァイオリン:鈴木理恵子)
ボサノヴァ・メドレー:ワンノートサンバ~思いあふれて~ジャズサンバ
ホルスト:ジュピター(組曲「惑星」)
スメタナ:交響詩「モルダウ」(「わが祖国」より)
ムソルグスキー:ババヤーガの小屋~キエフの大門(展覧会の絵)
ウィリアムス:スター・ウォーズのテーマ
【料金】
全席自由(税込)1,500円
※未就学児入場不可
※小中高校生ご招待対象コンサート
詳しくは後日発表します。

ばらのまち福山国際音楽祭2019:鈴木理恵子&若林顕デュオ・リサイタル

  • 日時

    2019年10月13日(日)15:30開演

  • 会場

    沼隈サンパル(ホール)

【曲目】
モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調K.304
クライスラー:愛の悲しみ
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」
シューベルト:アヴェ・マリア
モンティ:チャルダーシュ
【出演】
鈴木理恵子(ヴァイオリン)
若林顕(ピアノ)
【料金】
全席自由(税込)500円
※未就学児入場不可

佐久室内オーケストラ第25回定期演奏会

  • 日時

    2019年10月14日(月・祝)14:00開演

  • 会場

    佐久市コスモホール

【曲目】
モーツァルト:「劇場支配人」序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
ブラームス:交響曲第1番
【演奏】
佐久室内オーケストラ
若林顕(ピアノ:スペシャル・ゲスト)
寺島克彦(指揮)
【料金】
一般¥1,000(前売¥900)学生無料


Links

http://www.wakabayashi-akira.com/