クラウス・ペーター・フロール

Claus Peter Flor

Profile

マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めるクラウス・ペーター・フロールは、類い希なる才能を持った、鋭い音楽的な直感を持つ指揮者として世界中の音楽家から尊敬されてきている。

2003年から2008年まで、中央ヨーロッパのレパートリーを充実させたいと考えた音楽監督リッカルド・シャイーの招きにより、ミラノ・ジュゼッペ・ ヴェルディ交響楽団の首席客演指揮者を務めた。1999年から2008年まではダラス交響楽団の首席客演指揮者も務めた。そのほか、フィルハーモニア管弦 楽団(1991-1994)の首席客演指揮者、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団の芸術アドバイザーも務めた。

1953年、ライプツィヒ生まれ。ワイマールとライプツィヒでヴァイオリンを学び、ロルフ・ロイター、ラファエル・クーベリック、そしてクルト・ザンデル リンクに指揮を学んでいる。31才の時にベルリン交響楽団の音楽総監督に就任。同時に、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、ドレスデン・シュターツカペレな ど、旧東ドイツ内の多くのメジャーオーケストラを指揮するようになる。1988年、ベルリン・フィルを初めて指揮し、その後も2度、同楽団を指揮してい る。

これまでに、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ウィーン交響楽団、パリ管弦楽団、バンベルク交響楽団、ロッテルダム・フィル、そしてミュンヘン、フラ ンクフルト、ハンブルク、ライプツィヒの放送交響楽団、バイエルン州立歌劇場管弦楽団、ロンドン交響楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、スカラ座管 弦楽団などを指揮してきた。またロサンゼルス・フィルハーモニックを1985年に指揮してアメリカにデビューして以来、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽 団、フィラデルフィア管弦楽団、サン・フランシスコ響、そしてニューヨーク・フィルハーモニックを指揮してきた。またダラス、ヒューストン響にはしばしば 客演を果たしてきている。

オペラの分野でも活躍をしており、ベルリン州立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、ミュンヘン、ドレスデン、ハンブルク、そしてケルンの歌劇場で指揮をし てきた。ドイツ国外では「フィガロの結婚」、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」をブリュッセルのモネ劇場で指揮し、同劇場とは2002年に東京ツ アーを果たしている。またヒューストン・グランドオペラで「魔笛」を、ネザーランズ・オペラで「オイリアンテ」を、ダラス・オペラでは「ラ・ボエーム」を 指揮した。最近ではトゥールーズ歌劇場のモーツァルト・チクルスを指揮した。2007年6月の「魔笛」でそのチクルスは完結している。

録音も多数あるが、バンベルク交響楽団とのメンデルスゾーンの録音はとりわけ高い評価を受けており、最近もSony-BMGより再販されている。

2008-08シーズンにフロールはダラス交響楽団、ヒューストン交響楽団、サンパウロ交響楽団、ロイヤル・スコティッシュ国立管弦楽団、フィレンツェ五 月音楽祭管弦楽団、ボローニャ・コムナーレ劇場、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、マレーシア・フィル、KBS交響楽団、チャイナ・フィル、シン ガポール交響楽団を指揮した。また、2008年アーツ・ボカ音楽祭(フロリダ)ではロシア・ナショナル管弦楽団、ラン・ランと共にオープニングコンサート に出演した。

今後の主立った予定としては、バッハのロ短調ミサをトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団と演奏し、バレンシア管弦楽団(ヴァイオリン:ワディム・レーピ ン)に客演することになっている。またライン国立歌劇場ではデイヴィッド・マクヴィカーの演出によるジークフリートを振る予定である。

Concert


Links