ドミトリー・シトコヴェツキー

Dmitry Sitkovetsky

Profile

ドミトリー・シトコヴェツキーは多様な芸術面においてキャリアを築き上げる事に成功している数少ないアーティストの1人である。

ヴァイオリニストとして、ヨーロッパ、アメリカ、日本にて数々の一流オーケストラと演奏し、これまでにクラウディオ・アバド、ヴラディーミル・アシュケ ナージ、ヘルベルト・ブロムシュテット、サー・コリン・デイヴィス、シャルル・デュトワ、マリス・ヤンソンス、パーヴォ・ヤルヴィ、ドミトリー・キタエン コ、クルト・マズア、サー・ネヴィル・マリナー、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、ユーリ・テミルカーノフ、マイケル・ティルソン・トーマス等と共演して いる。室内楽では、マルタ・アルゲリッチ、ミシェル・ダルベルト、ベラ・ダヴィドヴィチ、パーヴェル・ギリロフ、ジェラール・コセ、ダーヴィト・ゲリンガ ス、リン・ハレル、そしてアントニオ・パッパーノ等と活動している。

彼は主要な音楽祭に定期的に客演しており、ザルツブルグ、ルツェルン、エディンバラ、ヴェルビエ、ラヴィニア、ニューヨークのモストリー・モーツァルト、 そしてBBCプロムスに出演している。また、ドミトリー・シトコヴェツキーは音楽監督としてコルスホルム・ミュージック・フェスティバル(フィンラン ド)、ウメオ(スウェーデン)、バクー(アゼルバイジャン)、シアトル(アメリカ)にて活躍し、アントニオ・パッパーノとコルトーナのトスカーナ・サン・ フェスティバルにて活躍し、大成功を収めている。

1990年より、ドミトリー・シトコヴェツキーは、指揮者としても華々しい活躍を繰り広げている。2003-04年シーズンよりグリーンズボロー交響楽団 の音楽監督を務める。1996年から2001年の間にはアルスター管弦楽団の首席指揮者兼芸術顧問として、彼は同オーケストラとヨーロッパや極東の各地で ツアーを行なった。また、彼はロシア国立交響楽団の客演主席指揮者を務めており、ヨーロッパやアメリカにおいて定期的に演奏を行っている。

シトコヴェツキーは東洋と西洋の優秀な弦楽器奏者達により構成されているNES室内管弦楽団の創設者でもある。同室内管はヨーロッパ及びアメリカの音楽祭 にも頻繁に参加しており、これまでにユーリ・バシュメット、バーバラ・ヘンドリックス、エフゲニー・キーシン、ボビー・マクファーリン、セルゲイ・ナカ リャコフ、そしてヴァディム・レーピン等のソリストを招いて公演を行っている。

また、約20年前にシトコヴェツキーが弦楽合奏団用に編曲し大絶賛されたバッハのゴールドベルク変奏曲以来、彼はハイドン、ベートーヴェン、ブラームス、 ドホナーニ、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチ、ストラヴィンスキー、シュニトケの作品を弦楽合奏団用に編曲しており、1985年よりASCAPのメ ンバーも務めている。

彼は広範囲に渡る録音と活動的でバラエティーに富んだレコーディング・キャリアを持ち、中には主要なヴァイオリン協奏曲、数々の室内楽曲、指揮者として交 響曲等の録音がある。2005年春にはシトコヴェツキー編曲による、ショスタコーヴィチ及びストラヴィンスキーの作品をNES室内管弦楽団と録音した新し いCDが、エディション・ヘンスラーよりリリースされる予定である。また、2005年末にはダーヴィト・ゲリンガス(チェロ)及びヤシャ・ネムツォフ(ピ アノ)と録音したショスタコーヴィチ及びミエチスワフ・ヴァインベルグによるトリオの作品が、ヘンスラーよりリリース予定である。

ドミトリー・シトコヴェツキーは現代音楽にも深く精通している。最近のCDでは、ロディオン・シチェドリン作曲(作曲家自身によるピアノ演奏)による室内 楽作品の録音があり、また、彼はジョン・カスケン及びクシシトフ・メイエルより委嘱されヴァイオリン協奏曲の世界初演を行った。また、ヴァイオリニスト及 び指揮者であるシトコヴェツキーのために書かれたペンデレツキ、ペルト、シュニトケ、そしてシチェドリンによる作品を頻繁に演奏している。

ドミトリー・シトコヴェツキーはアゼルバイジャンのバクーに生まれ、その後モスクワで育ち、モスクワ音楽院にて研鑽を積んだ。1977年の移民後は、 ニューヨークのジュリアード音楽院にて学び、1987年より妻子と共にロンドンに在住している。

A renaissance man and a magnetic creative force, Dmitry Sitkovetsky is recognised throughout the world as having made a considerable impact on every aspect of musical life. A prolific recording artist, with a career spanning more than four decades, he is celebrated globally as a violinist, conductor, creator, transcriber, and facilitator – and holds an undisputed and venerable position in musical society as a giant personality and educator.

As violinist and/or guest conductor, the 2019/2020 season and beyond sees Sitkovetsky perform extensively throughout Europe, North America, South America, and Asia. Highlights include work with such orchestras as the Japan Century Symphony, Lucerne Symphony, Orchestra della Toscana, Royal Philharmonic Orchestra, Russian State Symphony Orchestra ‘Evgeny Svetlanov’, Sapporo Symphony, and the Slovenian Philharmonic Orchestra, amongst others. In 2019, he also celebrates the release of a new recital disc on the Melodia label, recorded with Tchaikovsky Competition-winner Lukas Geniušas – with a programme designed as an homage to the legendary duo of Fritz Kreisler & Sergei Rachmaninov.

Sitkovetsky’s celebrated career as a violinist is documented in an extensive discography of more than forty recordings, reflecting the impressive breadth of his repertoire. His recording collaborators to date include such orchestras as the London Symphony, Philharmonia, and Royal Concertgebouw Orchestra, working with such legendary maestros as Sir Colin Davis, Mariss Jansons, Sir Neville Marriner, and Yehudi Menuhin. As soloist, he has performed with the world’s leading orchestras – including the Berlin Philharmonic, Chicago Symphony, Cleveland, LA Philharmonic, Leipzig Gewandhaus, New York Philharmonic, NHK Symphony, and Philadelphia, amongst others.

Sitkovetsky also enjoys a flourishing career as a conductor, having worked with such orchestras as Academy of St-Martin-In-The-Fields, Dallas Symphony, London Philharmonic, Orchestre de chambre de Paris, San Francisco Symphony Shanghai Symphony, and Tokyo Metropolitan Orchestra, amongst others. In 1990, he founded the New European Strings Chamber Orchestra (NES) – bringing together the most distinguished string players from the top European ensembles, from both Russian and Western musical backgrounds (reflecting Dmitry’s own life story). Since 2003, Sitkovetsky has served as the Music Director of the Greensboro Symphony Orchestra, North Carolina, to whom he has brought such soloists as Emmanuel Ax, Yefim Bronfman, Garrick Ohlsson, and Pinchas Zukerman. Previous positions of artistic leadership have included the Orquesta Sinfónica de Castilla y Leon (Artist in Residence, 2006-2009), Russian State Symphony Orchestra ‘Evgeny Svetlanov’ (Principal Guest Conductor, 2002-2005), and the Ulster Orchestra (Principal Conductor & Artistic Advisor, 1996-2001).

Given his unmatched ability to turn any project into a highly anticipated artistic event, Sitkovetsky has also been invited to create, develop and lead a number of festivals, including the Korsholm Music Festival, Finland (1983-1993, and 2002), the Seattle International Music Festival (1992-1997), the Silk Route of Music, Azerbaijan (1999), and the Festival del Sole, Tuscany (2003-2006). The 2018/2019 season saw Sitkovetsky take the title of Artist-in-Residence of Vadim Repin’s Trans-Siberian Festival, with other forthcoming festival visits of note including the Enescu, Ljubljana, and Verbier music festivals.

Sitkovetsky is also in high demand as a Jury member, musical expert and educator. Recent jury roles have included the Indianapolis International Violin Competition (2018), Concours musical international de Montréal (2019), XVI International Tchaikovsky Competition (2019), and the Enescu Violin Competition (2020), and the 2019/2020 season opens with the first of a series of teaching residencies at the Royal Birmingham Conservatoire. Additional highlights include Sitkovetsky’s debut TEDx talk (The Power of Curiosity), the launch of his first book (Dmitry Sitkovetsky: Dialogues), and his interview series on Medici.tv (It Ain’t Necessarily So).

Dmitry Sitkovetsky’s name has also become synonymous with the art of transcription. His iconic orchestral and string trio versions of J.S. Bach’s Goldberg Variations have taken on a life of their own – enjoying regular performances and acclaimed recordings by many of the leading performers of today. Following this unprecedented success, Sitkovetsky has gone on to arrange over fifty works of major repertoire by such composers as Bartók, Beethoven, Brahms, Haydn, Schnittke, and Shostakovich. In 2015, he unveiled his transcription of Stravinsky’s Le baiser de la fée, commissioned by the Orpheus Chamber Orchestra, and premiered by Augustin Hadelich at Carnegie Hall. The 2017/2018 season saw the successful premieres of a new multi-genre/multimedia work, Devil, Solider & Violin (inspired by Stravinsky’s A Soldier’s Tale), with sold-out performances across Russia. Summer 2018 saw the world premiere of Sitkovetsky’s transcription of Sarasate’s Navarra Fantasy, commissioned by the Verbier Festival. This performance – marking the Festival’s 25th anniversary – was broadcast live worldwide on Medici.tv, with an all-star line up of musicians, including Lisa Batiashvili, Leonidas Kavakos, Mischa Maisky, Vadim Repin, Maxim Vengerov, Tabea Zimmermann, and Pinchas Zukerman – as well, of course, as Dmitry Sitkovetsky himself.

Concert


Links

http://www.dmitrysitkovetsky.com/