エドワード・ガードナー

Edward Gardner

Profile

エドワード・ガードナーは、同世代の中で最も才能のある指揮者の一人として認識されている。イングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督に就任した2007年5月以来、ブリテンの「ヴェニスに死す」などの作品で高い評価を得ている。ガードナーの指揮の下、イングリッシュ・ナショナル・オペラは、「ピーター・グライムズ」、「ベンヴェヌート・チェッリーニ」「フィデリオ」など、数多くの傑出した作品を上演している。イングリッシュ・ナショナル・オペラでの九年目となる今シーズン、ガードナーは「オテロ」、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「スペードの女王」などの作品を指揮する。その才能とオペラへの献身が認められ、2008年にロイヤル・フィルハーモニック・アワードの最優秀指揮者賞を、2009年にオリビエ・アワードの最優秀功労賞(オペラ部門)を受賞する。2012年6月に英女王誕生記念叙勲において、大英帝国勲章を授与される。
イングリッシュ・ナショナル・オペラでの活躍と平行し、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(「カルメン」)およびミラノ・スカラ座(「ヴェニスに死す」)へのデビューも成功させ、即座に再招聘を受けている。昨シーズン、「ばらの騎士」のニューヨーク初演100周年を記念するメトロポリタン歌劇場での「ばらの騎士」連続公演を指揮。今後のシーズンでは、シカゴ・リリック・オペラへのデビューおよびメトロポリタン歌劇場への再訪が予定されている。イングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督に就任する以前は、パリ・オペラ座を定期的指揮していたほか、2008年にはグラインドボーン音楽祭の再招聘を受け、ブリテンの「ねじの回転」を指揮している。
2015年10月、エドワード・ガードナーは、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者就任にあたり、同管弦楽団の創設250周年記念ガラコンサートを指揮する。 ベルゲン・フィルとは、2013年8月に首席客演指揮者に就任以来、数多くの意義深いプロジェクトを遂行しており、シャンドスレーベルとのレコーディングや国外ツアーも行っている。
2011年より務めているバーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者として、2012年のロンドン・カルチュラル・オリンピアードの柿落としにおいて、ジョナサン・ハーヴェイの「世界のエトス」のイギリス初演を行ったほか、ブリテンの生誕100年を祝うバーミンガムでの「春の交響曲」およびロンドンのセントポール寺院での「戦争レクイエム」のを指揮している。現在、バーミンガム市響とは、メンデルスゾーン全曲録音(シャンドス)に取り組んでいる。 
エドワード・ガードナーは、BBC交響楽団およびBBCプロムスとも緊密な関係を築いている。2011年、BBCプロムスの最終公演を指揮。その模様は世界中にライブ中継された。翌2012年、BBCプロムスの第一夜を指揮。さらに英国では、フィルハーモニア管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、エイジ・オブ・インライトメント管弦楽団も指揮している。若い音楽家の指導にもあたっており、バーミンガム市響、バービカン・ユース・オーケストラ、ジュリアード音楽院を指揮しているほか、2002年にはハレ・ユース・オーケストラを創設。2014年9月、王立音楽アカデミーの指揮科より、「マッケラスの指揮者椅子」職に新たに任命された。
英国外では、2014/2015年シーズン以降、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、フランクフルト放響、ミラノ・スカラ座管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、スウェーデン放送交響楽団、デンマーク国立交響楽団等を指揮する予定である。また、最近のシーズンでは、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、NHK交響楽団、メルボルン交響楽団、トロント交響楽団、モントリオール交響楽団、ヒューストン交響楽団、セントルイス交響楽団、国立芸術センター管弦楽団オタワ、マーラー・チェンバー・オーケストラ、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、フランス放送管弦楽団、聖チェチーリア国立管弦楽団等と共演した。
シャンドス・レコードの専属アーティストとして、メンデルスゾーン、ウォルトン、ルトスワフスキ、ブリテン、ベリオの声楽曲および管弦楽曲、さらにイングリッシュ・ナショナル・オペラと、ヴェルディのマクベスをリリースし、絶賛されている。また、EMIレコードでも数多くのCDをリリースしており、エーテボリ交響楽団(アリソン・バルサム:トランペット)、アカデミー・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(ケイト・ロイヤル:ソプラノ)、イングリッシュ・ナショナル・オペラ管弦楽団(ケイト・ロイヤル:ソプラノ)等を録音している。
1974年グロセスター生まれ。ケンブリッジと王立音楽院で教育を受けた。王立音楽院でコリン・メッターズに師事する。2000年に卒業後、ハレ管弦楽団でマーク・エルダーのアシスタントを務める。三年後、グラインドボーン・ツアー・オペラの音楽監督に任命され、三年間、その職務を遂行した。

2021/22年のシーズンよりロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任する予定。

Concert


Links

https://www.askonasholt.com/artists/edward-gardner/