マチルド・カルデリーニ

Mathilde Calderini

Profile

2013年4月、権威ある神戸国際フルートコンクールにて第1位を獲得。それに先立つマクサンス・ラリュー国際フルートコンクールにおいて、最優秀ヤングフルート特別賞をすでに受賞している。
1989年パリ生まれ。パリ地方音楽院においてクロード・ルフェーブルに、パリ高等音楽院においてソフィー・シェリエおよびヴァンサン・リュカに師事する。ロンドンの王立音楽院では、ウィリアム・ベネット並びにサミュエル・コールスの薫陶を受けた。その後、ポール・メイエおよびエリック・ル・サージュの指導のもと、室内楽への情熱を高め、様々な編成での室内楽の経験を経て、オーレル・マルタン(ピアノ)およびゾーイ・カーリコウ(チェロ)とのベルエアー・トリオを結成した。
マチルド・カルデリーニは、数々の奨学金と賞を受けており、2012年アダミ(注:パフォーマーの権利の共同管理のための組合)における「クラシックの発見」に指名されている。2011年9月、ルノー・カプソンの助力により、奨学金の授与を受け、さらに、オールドバラ・ワールド・オーケストラの第一フルート奏者として、レバーヒューム財団に支援を受けた。またサウスバンク・シンフォニアのメンバーとしてフィルキン公爵に援助されている。
これまでに、音楽祭やコンサートにおいてソリストとして、また室内楽奏者として招かれており、メゾン・ド・ラ・ラジオ、サル・プレイエル、パブロ・カザルス音楽祭、シャトールー・ドビュッシー音楽祭のほか、ドーム・アルヴェールヴィル、ベルエア芸術祭、さらにアンリ・ドマルケット、フランク・ブラレイ、ネマニャ・ラドゥロヴィチとの共演に招かれた。
2013年以来、イギリスのサウスバンク・シンフォニアやクレマン・マオ=タカーチ指揮によるセセッション・オーケストラのメンバーとしても活動。さらに、協奏曲のソリストとして、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール、ロイヤル・オペラハウス、パリ歌劇場、シャンゼリゼ劇場、モスクワ・チャイコフスキー・ホールなど数々の権威あるホールで、フィリップ・ジョルダン、ドミトリ・ユロフスキ、エドワード・ガードナー、マーク・エルダー、ウラディーミル・アシュケナージ等の指揮者と共演している。

 

Mathilde Calderini is one of the most promising flute players of her generation. She won the First Prize of the prestigious Kobe International Flute Competition in 2013. She has already been awarded several distinctions : Special prize of the Best Young Flutist of Maxence Larrieu International Flute Competition, First Prize of the Buffet Crampon Competition, “Adami Revelation of the year”, and she is supported by the bursary “Young Talent Clos Vougeot”

mathilde calderiniShe is developing her career in Europe and Asia. She is invited to perform with prestigious orchestras in various places such as Auditorium de Radio France in Paris, Kioi Hall in Tokyo, Liederhalle in Stuttgart, Hyogo Performing Arts Center in Osaka, Royal Festival Hall in London, Grand Salon des Invalides in Paris, Aix-en-Provence Festival, Concertgebouw in Amsterdam, Théâtre des Champs-Elysée in Paris…

Passionate by chamber music as well, Mathilde founded, with clarinet player Amaury Viduvier, the Ouranos Ensemble which is based on a woodwind quintet. They recently won the First Prize and Audience Prize of the Lyon International Chamber Music Competition. She also played with great artists such as Renaud Capuçon, Nicolas Angelich, Paul Meyer, Edgar Moreau, Aurèle Marthan, Guillaume Bellom, Jérôme Pernoo, Denis Pascal, Marie Chilemme…

A French native, Mathilde CALDERINI studied with Claude LEFEBVRE at CRR de Paris. She completed her Bachelor and Master degree with Sophie CHERRIER and Vincent LUCAS at the Conservatoire Supérieur de Musique de Paris. She obtained the highest distinction for her Final Recital. She also trained at the Royal Academy of Music in London with William BENNETT and Samuel COLES.

Concert


Links

https://www.mathildecalderini.com/en/