ハバネラ
サクソフォン・カルテット

Quatuor Habanera

Profile

1993年、パリ国立高等音楽院のクロード・ドゥラングル教授の門下生たちによって結成された。メンバーは全員、同音楽院室内楽科を一等賞にて卒業している。結成以来、芸術的な出会いの赴くままに道を歩んできた彼らは、新曲の初演、特に現代音楽において、数々の作曲家たちの新作初演を行った。また、大阪国際室内楽コンクールをはじめ、ボルドー、デュッセルドルフなどで開催された国際コンクールで次々と優勝するなど、8つの国際コンクール優勝歴を誇る。2018年結成25周年の年には、中国、香港にて、ファジル・サイのコンチェルトを演奏している。

As they are fond of seldom visited musical territories, the musicians of the Habanera Quartet have made their way according to the artists they have met since 1993. Unprejudiced, they sail on different stages, from contemporary creations to unusual repertoires and transcriptions, from world music to improvised music.

After studying in the Paris Conservatoire (CNSMD) where the Habanera Quartet was awarded a first chamber music prize, it has made up a probably unique record with eight first international chamber music prizes (Bordeaux, Sanguinetto, Düsseldorf, Osaka).

The Habanera Quartet has recorded for Alpha productions since the latter’s creation. From Mysterious morning (Alpha 010), an overview of contemporary works (by Ligeti, Xenakis, Donatoni …) to their record devoted to Glazounov, Grieg and Dvorak (Alpha 041) not to mention their meeting with Louis Sclavis for their common CD « L’engrenage », the specialized music press praises their eclectism, giving them numerous awards (Golden Diapason, recommended by Classica and Répertoire).

Year after year, the Habanera Quartet is more and more widely heard in France (Théâtre de la Ville, “Folles journées” in Nantes, “Festival de l’Epau”, IRCAM, Radio France, “Académie Bach”…) and all around the world (Japan, China, the USA, Canada, Europe). Classical musicians without tail coats, they wish to desacralize classical concerts, coming up with Bach, Steve Reich, Dvorak and Ligeti in the same night. Louis Sclavis, Michel Portal or David Krakauer have not been mistaken as they blend with the strong framework of the quartet when they improvise.

With Benjamin Lazar, the comedian, they created the show How Wang-Fô was saved by Marguerite Yourcenar in the “Académie Bach” in Arques la Bataille in 2007. Set to music by Alain Berlaud, this show was supported by the Culture Department in Haute-Normandy ( Direction Régionale des Affaires Culturelles ) and will be on in November 2008 within the Rouen Opera Season, then in Normandy during the Autumn Festival and eventually on February 16th 2009 on the stage of the Paris Opera Comique.

As distant followers of Adolphe Sax, the Habanera Quartet plays Selmer saxophones and mouthpieces, then contributing to their improvement.

 

クリスチャン・ヴィルトゥ(ソプラノ・サクソフォン) Christian Wirth, Soprano Saxophone

パリ国立高等音楽院でクロード・ドゥラングル教授に師事し、サクソフォンと室内楽の両方で一等賞を得て卒業した後、難関とされる同音楽院最高課程(ソリストコース)で学ぶ。サンノン・ラ・ブレテーシュ・アドルフ・サックス国際コンクール第1位など、数々の国内外の音楽コンクールに入賞。これまでにパリ・オペラ座管、パリ管、フランス国立管、トゥールーズ管、コンセール・ラムルー管など数々のオーケストラと著名な指揮と共演している。ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団アルト・サクソフォン奏者。

 

スィルヴァン・マレズュー(アルト・サクソフォン)Sylvain Malézieux, Alto Saxophone

リヨン国立高等音楽院にて一等賞を得て卒業。1995年パリ国立高等音楽院を審査員全員一致の一等賞を得て卒業。サクソフォンをクロード・ドゥラングル教授に師事。1996年同音楽院室内楽科を卒業後、同音楽院室内楽科最高課程に進む。南仏ギャップで開催されたギャップ・ヨーロピアン・サクソフォン・コンクールのファイナリスト。オーケストラの一員として、P. ブーレーズ、J. メルスィエ、D. キタエンコ、佐渡裕らと、フランス国立管、コンセール・ラムルー管で演奏。

 

ファブリツィオ・マンクーゾ (テナー・サクソフォン)Fabrizio Mancuso, Tenor Saxophone

イタリア南部シチリア島メッスィーナにあるコレッリ音楽院でサクソフォンを学ぶ。リヨン国立高等音楽院を一等賞を得て卒業。サクソフォンをS. ビジョン氏に師事。その後、パリ国立高等音楽院へ入学。1994年ベルギーで行われたアドルフ・サックス国際コンクールで二等賞を受賞し、パリ国立高等音楽院を一等賞を得て卒業。ミラノ・スカラ座管とD. ロバートソン指揮/L. ベリオのオペラの最新作「オウティス」の初演に参加する。

 

ジル・トレソス(バリトン・サクソフォン)Gilles Tressos, Baritone Saxophone

大学で音楽学を学ぶ傍ら、メッツ国立音楽院でサクソフォンを学び、その後、パリ国立高等音楽院を一等賞を得て卒業。サクソフォン教員免状を取得し、1990年に弱冠20才でポワチエ国立音楽院教授に任命されるとともに、ポワチエ市教育委員会に教育アドバイザー兼後見人として参加している。これまでにパリ・オペラ座管、ポワトゥー=シャラント管、イル・ドゥ・フランス管、フランス国立管などと共演。

Concert


Links

http://www.quatuorhabanera.com/