ストラディヴァリウス・カルテット

Stradivari Quartett

Profile

シャオミン·ワン(中国)を中心に、ゼバシュティアン・ボーレン(スイス)、レヒ·アントニオ·ウジンスキ(イタリア)、マーヤ·ウエーバー(スイス)をメンバーとし、チューリヒを拠点に活動する弦楽四重奏団。ハビスロイティンガー・ストラディヴァリウス財団の支援を受け、同財団から貸与されたストラディヴァリウスを使用している。

彼らを結びつけているのは、音楽への愛であり、駆り立てているのは、音楽の才能で物語を語る情熱である。技術的な完成度が、演奏の大前提となっていることは言うまでもない。彼らは作品ストラディヴァリウスの作品である名器と、作曲家たちの作品である楽曲に生命力を注ぎ込む。この愛は、音楽を聴きたいと望む全ての人々の心を震わせる。

ストラディヴァリウスの名器は、独特の音色を持っている。その比類ないほどの質と、それにまつわる神秘的な伝説は、ストラディヴァリウス・カルテットのプログラムの魅力のひとつとなっている。四人が奏でるストラディヴァリウスの名器一つ一つが、それぞれの特徴と質を持っている。同じように、それぞれの特徴と質が違う四人の演奏者間で、特別なコミュニケーションをとっている。その結果、自由な発想が生まれ、演奏者たちも自然に呼応しあう。この「物語を語る」弦楽四重奏団は、聴く者たちの想像力の翼を広げさせ、彼らの心に絵画を描かせる。

 

シャオミン·ワン (ヴァイオリン) Xiaoming Wang

使用楽器「アウレア」 “Aurea”

北京中央音楽院教授のシュウ・ルーとウィーンゲアハルト・シュルツに師事。現在UBSヴェルビエ・オーケストラとUBS室内管弦楽団のコンサートマスターを務めているほか、チューリヒ歌劇場管弦楽団のセカンド・コンサートマスターも務めている。

 

ゼバスティアン・ボーレン(ヴァイオリン) Sebastian Bohren

使用楽器「ジョージ王」 “King George”

スイス生まれ。8歳よりヴァイオリンを習い始める。チューリヒ音楽院でイェンス・レーマンに、その後ザハール・ブロン、アナ・チュマチェンコに師事する。数々のコンクールで受賞し、ソリストとしてウィーン・コンツェルトハウス、チューリヒ・トーンハレ等で、チューリヒ室内管、ルツェルン室内管等と共演している

 

レヒ·アントニオ·ウジンスキ(ヴィオラ)  Lech Antonio Uszynski

使用楽器「ギブソン」Gibson”

ポーランドの音楽一家のもと、イタリアに生まれる。幼少期からヴィオラとヴァイオリンを習い始める。スイス青少年音楽コンクールでヴィオラとヴァイオリンの両部門で優勝したのち、チューリッヒでアナ・チュマチェンコとザハール・ブロンに師事する。ルドルフ・バルシャイよりヴィオラ演奏者へと導かれた。

 

マーヤ·ウエーバー (チェロ)  Maja Weber

使用楽器 ボナミィ・ドブレー・スッジア “Bonamy Dobree- Suggia

フラン・エルメルソン教授、ヴァルター・レヴィン教授、アルバン・ベルク弦楽四重奏団に薫陶を受ける。スイスの合奏団アルス・アマータ・チューリヒのメンバー。アマール・カルテットの創設メンバーとして、ブーベンロイト・コンクール第2位、ジュネーヴ、グラーツの国際コンクールで2位受賞。ロンドンでミレニアム・アウォードを受賞している。

Concert


Links

http://stradivariquartett.com/