台湾フィルハーモニック

Taiwan Philharmonic

Profile

台湾フィルハーモニックは、1986年に設立された台湾の国立オーケストラとして名高い(台湾では「NSO國家交響樂團National Symphony Orchestra」の名称)。アジア諸国の中でも、最も優れたオーケストラの一つとして台湾フィルハーモニックは評価されている。2005年に舞台芸術センターの専属オーケストラとなり、2014年には国家歌劇院のレジデント・オーケストラとなった。2010年8月から欧米で高い評価を得ているリュウ・シャオチャが第五代音楽監督に就任し、その黄金時代を創り上げでおり、台湾の文化的豊かさと音楽教育の強化に貢献している。

毎年、台湾フィルハーモニックは、99人のメンバーが、40週の音楽シーズンに、おおよそ75回のコンサートや室内楽コンサートと一回のオペラ公演を行っている。また、教育プログラムにも積極的で、アウトリーチ・プロジェクトもコンスタントに行っている。台湾内や海外でのコンサート・ツアーも、定期的に行っており、これまでに、ウィーン、パリ、ベルリン、ジュネーヴ、ミラノ、シンガポ-ル、クアラルンプール、札幌、東京、横浜、香港、そして中国の主要都市でツアーを行っている。

国際的に名声を博している指揮者たち、ロリン・マゼール、クシシュトフ・ペンデレツキ、ルドリフ・バルシャイ、レナード・スラットキン、クリストファー・ホグウッド、ミヒャエル・ザンデルリンク、ソリストでは、ヴァディム・レーピン、ヒラリー・ハーン、バイバ・スクリデ、ヴィヴィアン・ハーグナー、ヨーヨー・マ、ゴーティエ・カピュソン、アルバン・ゲルハルト、ミッシャ・マイスキー、ソル・ガベッタ、エヴェリン・グレニー、マルティン・グルビンガー、ルイ・ロルティ、白 建宇(クン=ウー・パイク)、スティーヴン・ハフ、スティーヴン・コヴァセヴィッチ、ラベック姉妹、ザビーネ・マイヤーらと共演している。

台湾フィルハーモニックは、世界的に名高いバレエの振付師の林 懐民 (リン・カイミン)、台湾のクラウド・ゲイト舞踊劇場とオーストリアのデジタル・アーティストのクラウス・オーバーマイヤー、オペラの舞台監督の トビアス・リヒター、モファット・オクセンボウルドとハンス=ピーター・リーマンらと共にパフォーマンスを行い、それらの劇場公演やオペラ公演は、高い芸術性に到達している。加えて、コンサート形式のセミ・オペラ公演「ニーベルンクの指環」と「エレクトラ」は、動員記録を塗り変えた。また世界のオペラハウスとの共同プロダクションとして、2007年公演の「ばらの騎士」、2009年の「カルメン」、2012年の「蝶々夫人」、2015年の「フェデリオ」、2013年の「ワルキューレ」、2014年の「サロメ」、2016の「オテロ」など、多国籍コラボレーションを行い、成功を収めている。

 

Founded in 1986, the Taiwan Philharmonic, also known as the National Symphony Orchestra (NSO) at home, is hailed as one of the best orchestras in Asia and became the resident orchestra of the National Chiang Kai-Shek Cultural Center in 2005. Starting April 2014, the NSO has become an affiliate orchestra to the National Performing Arts Center. From 2010 to 2020, led by renowned conductor Shao-Chia Lü as its 5th music director, the NSO has provided cultural and music educational strength throughout Taiwan. In August 2020, Lü transitioned to become an artistic advisor for the orchestra.

The 99-member NSO presents a 40-week musical season of approximately 75 concerts, chamber recitals and opera productions each year. It also has launched numerous educational programs and outreach projects, which it continually develops. The symphony tours regularly throughout Taiwan and overseas, including Vienna, Paris, Berlin, Geneva, Milan, Seattle, San Francisco, Singapore, Kuala Lumpur, Tokyo, Osaka, Yokohama, Seoul, Hong Kong , Beijing and Shanghai.

The NSO has worked with internationally acclaimed conductors, such as Lorin Maazel, Sir Neville Marriner, Rudolf Barshai, Leonard Slatkin, Christopher Hogwood, Oleg Caetani, Gennady Rozhdestvensky, Michael Sanderling, Vassily Sinaisky, Osmo Vänskä, Hans Graf, Long Yu and many famous soloists, including Mirella Freni, Ileana Cotrubas, Luciano Pavarotti, Placido Domingo, Bryn Terfel, Thomas Hampson, Asmik Grigorian , Narciso Yepes, Fou Ts’ong, Alicia de Larrocha, Jacques Thibaud, Stephen Kovacevich, Lilya Zilberstein, Louis Lortie, Garrick Ohlssono, Kun Woo Paik, Dang Thai Son, Alexandre Tharaud, Yuja Wang, Yo-Yo Ma, Natalia Gutman, Lily Maisky, Gautier Capuçon, Jian Wang, Steven Isserlis, Daniel Müller-Schott, Sol Gabetta, Leonidas Kavakos, Nai-Yuan Hu, Gil Shaham, Shlomo Mintz, Vadim Viktorovich Repin, Hilary Hahn, Midori, Joseph Lin, Ray Chen, Paul Huang, Richard Lin, Martin Grubinger, Sabine Meyer, Radek Baborák, Jörg Widmann, and Reinhold Friedrich.

The NSO artistic reach extends to theater and opera. Its productions include collaborations with Lin Hwai-min, the world-renowned choreographer and founder of Cloud Gate Dance Theatre of Taiwan, Austrian digital artist Klaus Obermaier, and opera stage directors Tobias Richter, Moffatt Oxenbould, Hans-Peter Lehmann, Andreas Homoki and James Robinson. In addition to its own semi-staged opera productions such as Der Ring des Nibelungen, and Elektra (2011), Parsifal (2018) and Tosca (2019), the NSO has collaborated with worldclass opera houses for its multinational productions, such as Der Rosenkavalier with Deutsche Oper am Rhein in 2007, Carmen with Royal Opera House Covent Garden, Norwegian National Opera and Opera Australia in 2009, Madama Butterfly with Opera Australia in 2012, Fidelio with Opernhaus Zurich in 2015, as well as in-house production Die Walküre (2013), Salome (2014) Othello (2016) and Il Trittico (2017).

 

 

Concert

台湾パフォーミングアーツ祭
台湾フィルハーモニック - 2020日本公演  【公演中止】

  • 日時

    2020年5月16日(土)18:00開演

  • 会場

    東京オペラシティ コンサートホール Tokyo Opera City Concert Hall

この公演は中止となりました。

【出演】
東京メトロポリタン合唱団&台北男声合唱団 (合唱指揮:松下耕) * ヴァイオリン:ポール・ホアン(黃俊文) ** チェロ:フェリックス・ファン (范雅志)  ** 台湾フィルハーモニック 指揮:リュウ・シャオチャ(呂紹嘉/台湾フィルハーモニック音楽監督)

SHAO-CHIA LÜ, conductor (Taiwan Philharmonic Music Director)
PAUL HUANG, violin
FELIX FAN, cello
KO MATSUSHITA, chorus master
The Metropolitan Chorus of Tokyo
Taipei Male Choir
Taiwan Philharmonic (National Symphony Orchestra)

【プログラム】
ゴードン・チン(金希文):ゴールデン・ビーム・オン・ザ・ホライズン・オブ・フォルモサ(日出台灣)* ゴードン・チン(金希文): ウェイフェアラーズ・ナイト・ソング (旅人的夜曲)* 一柳慧 :ヴァイオリン、チェロとオーケストラのための二重協奏曲** ベートーヴェン: 交響曲 第7番 イ長調 Op. 92

GORDON CHIN : Golden Bean on the horizon of Formosa
Wayfarer’s Night Song
TOSHI ICHIYANAGI : Double Concerto for violin, cello and orchestra
LUDWIG VAN BEETHOVEN : Symphony No.7 in A major, Op.92

【チケット】
全席指定 S席 ¥7,000 / A席 ¥6,000 / B席 ¥5,000

【お問い合わせ先】
アスペン 03-5467-0081

'-麗しの島より- 台湾フィルハーモニック 2019 日本ツアー  Taiwan Philharmonic Japan Tour 2019【終了しました】

  • 日時

    2019年5月6日(月・祝)14:00開演

  • 会場

    ザ・シンフォニーホール The Symphony Hall

【出演】
リュウ・シャオチャ(指揮)
リチャード・リン(ヴァイオリン)
台湾フィルハーモニック(管弦楽)

【プログラム】
芥川也寸志: 交響管弦楽のための音楽
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調Op.64(ヴァイオリン:リチャード・リン 林品任)
江 文也:台湾舞曲 Op. 1
シベリウス:交響曲 第2番 ニ長調 Op. 43

【チケット】
全席指定 S席 ¥7,000 / A席 \6,000 / B席 \5,000 ※12月12日より発売

【お問い合わせ先】
アスペン 03-5467-0081

ザ・シンフォニーホール

'-麗しの島より- 台湾フィルハーモニック 2019 日本ツアー Taiwan Philharmonic Japan Tour 2019【終了しました】

  • 日時

    2019年4月30日(火・祝)14:00開演

  • 会場

    東京文化会館 大ホール Tokyo Bunka Kaikan Main Hall

【出演】
リュウ・シャオチャ(指揮)
リチャード・リン(ヴァイオリン)
台湾フィルハーモニック(管弦楽)

【プログラム】
芥川也寸志: 交響管弦楽のための音楽
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調Op.64(ヴァイオリン:リチャード・リン 林品任)
江 文也:台湾舞曲 Op. 1
シベリウス:交響曲 第2番 ニ長調 Op. 43

【チケット】
全席指定 S席 ¥7,000 / A席 \6,000 / B席 \5,000 ※12月12日より発売

【お問い合わせ先】
アスペン 03-5467-0081


Links

http://npac-nso.org/en/