佐藤 卓史

Sato Takashi

Profile

 Since winning first prize at the 70th Music Competition of Japan in 2001, Takashi Sato has been regarded as one of the most outstanding Japanese pianists of his generation. He is the youngest recipient ever of the Frédéric Chopin Society of Japan Award which was granted for the success of his debut recital in Tokyo in 2003. Takashi has also distinguished himself at several international competitions, such as ARD International Music Competition 2006 in Munich (special prize for the best interpretation of a 20th-century piano work), International Piano Competition Francis Poulenc 2006 (third prize), Sydney International Piano Competition of Australia 2008 (fourth prize and special prize for the best performance of Chopin), Concours Géza Anda 2009 in Zurich (special prize), Queen Elisabeth Competition 2010 in Brussels (laureate), International Piano Competition “Città di Cantù” 2011 (first prize at section for classical concertos), Mendelssohn International Piano Competition 2011 in Taurisano (second prize, no first prize awarded) and 8th Hamamatsu International Piano Competition 2012 (third prize and chamber music prize). Most noteworthy among them is his victory at the 11th International Piano Competition Schubert in Dortmund 2007, establishing him as a world-class interpreter of Schubert’s music.

 Early on in his artistic career, Takashi was chosen to be soloist for the Tokyo Geidai Sinfonia’s tour in the United Kingdom in 2003, where his charismatic performance contributed to the tour’s success. He has also worked with numerous major orchestras, including the Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra, Central-Aichi Symphony Orchestra, Tokyo Philharmonic, Tokyo Symphony Orchestra, Japan Century Orchestra, NHK Symphony Orchestra, Hiroshima Symphony Orchestra, Munich Chamber Orchestra, Dortmund Philharmonic Orchestra, Sydney Symphony and National Orchestra of Belgium. He has been invited to perform in such countries as Japan, United Kingdom, Germany, France, Austria, Netherlands, Belgium, Poland, Greece, Korea, Australia and Syria.

 Since the solo debut CD “La Campanella: Gems of the Keyboard” (Live Notes, 2007), Takashi has issued several recordings including Schubert album (Bella Musica, 2008), Chopin albums (Live Notes, 2009), Burgmüller albums (Live Notes, 2012 and 2014) and Beethoven album (Tactual Sound, 2013) receiving much acclaim from the Japanese and European press.

 Alongside his accomplishments as soloist, he is equally appreciated as an adept chamber musician, and has collaborated with many renowned artists, such as Karl Leister, Masafumi Hori, Nobuko Yamazaki, Yuzuko Horigome, Ryoichi Fujimori, Reiko Watanabe, Shunske Sato, Kyoko Yonemoto and Mayuko Kamio. A recording of Edvard Grieg’s complete sonatas for violin and piano with Shunske Sato, released in 2007, was awarded Grand Prize by the Agency for Cultural Affairs of Japan at the 62nd National Arts Festival.

 Born in Akita, Japan in 1983, Takashi Sato began piano at age of four under the guidance of Kumiko Meguro, and studied several years later with Okitaka Uehara. Between 1999 and 2006, he studied with Hitoshi Kobayashi, Katsumi Ueda and Kikuko Ogura (fortepiano) at the Tokyo Geijutsu Daigaku (Tokyo University of the Arts), as well as at its music high school division, graduating from both with top honors in 2006 and 2002 respectively. From 2006 he studied with Arie Vardi at the Hochschule für Musik und Theater Hannover (Hanover University for Music and Drama) where he graduated in 2011 obtaining “Diplom-Konzertsolist”. He also attended Universität für Musik und darstellende Kunst Wien (University of Music and Performing Arts Vienna) under the tutelage of Roland Keller. Since 2014, he has been giving a recital series, “Schubert-Zyklus” in Tokyo, presenting the complete works for piano of Franz Schubert.

In addition, Takashi Satoh is bilingual : native in Japanese and conversational in English, German.

秋田市出身。高校在学中の2001年、日本音楽コンクールで第1位。東京藝術大学を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学ならびにウィーン国立音楽大学で研鑽を積む。その間、2007年シューベルト国際コンクール第1位、2010年エリザベート王妃国際コンクール入賞、2011年カントゥ国際コンクール第1位など受賞多数。ウィーン楽友協会をはじめとするヨーロッパの主要コンサートホールのほか、2011年にはシリア・ダマスカスのダール・アル・アサド文化芸術劇場でソロ・リサイタルを開催した。これまでにNHK交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、シドニー交響楽団、ベルギー国立管弦楽団等と共演。2007年にソロデビューアルバム「ラ・カンパネラ~珠玉のピアノ小品集」(ナミ・レコード)をリリース以来、レコーディング活動にも力を入れており、日本と欧州で多数のCDを発表。2014年より「佐藤卓史シューベルトツィクルス」を展開、ライフワークとしてシューベルトのピアノ曲全曲演奏に取り組んでいる。室内楽、作編曲など幅広い分野で活躍している。

 

Concert

W TAKASHI 2台ピアノコンサート

  • 日時

    2021年9月11日(土)15:00開演 (14:00開場)

  • 会場

    アリオン音楽ホール

【出演】

佐藤卓史 ピアノ

山本貴志 ピアノ

【プログラム】

モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448(375a)

シューベルト:即興曲 ヘ短調 D935-4 作品142-4 【佐藤ソロ】

ショパン:夜想曲 ヘ短調 作品55-1 【山本ソロ】

コープランド/バーンスタイン:エル・サロン・メヒコ

ラフマニノフ:交響的舞曲 作品45

 

 

ららら♪クラシックコンサートVol.11 ソリストたちのカルテット

  • 日時

    2021年8月31日(火)17:30 開演

  • 会場

    サントリーホール(大)

くわしくはこちらをクリック(NHKエンタープライズのWebsiteに移行します)

【出演】

◎千住真理子(ヴァイオリン)
◎石田泰尚(ヴァイオリン)
◎飛澤浩人(ヴィオラ)
◎長谷川陽子(チェロ)
◎佐藤卓史(ピアノ)
◎司会:高橋克典  金子奈緒

【プログラム】

◎ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 《大フーガ》 より
◎チャイコフスキー 《アンダンテ・カンタービレ》
◎パガニーニ 《24のカプリース》 終曲
◎シューマン ピアノ五重奏曲 Op. 44 第1楽章
◎バッハ 《無伴奏チェロ組曲》 第1番 〈プレリュード〉
◎モーツァルト 《ディヴェルティメント》 K. 136 第1楽章
◎ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲 第8番 第2楽章
◎ピアソラ 《リベルタンゴ》 ヴァイオリン版
◎井上陽水 《少年時代》 ピアノ五重奏版
ほか
※演奏曲目は変更になる場合がございます。

 

 

 

 

シューベルトチクルス 第14回 ピアノ・ソナタ V―幻想―

  • 日時

    2021年6月3日(木)19:00開演

  • 会場

    東京文化会館小ホール

【出演】佐藤卓史(ピアノ)

【プログラム】シューベルト:
メヌエット 嬰ハ短調 D600
ピアノ・ソナタ断章 嬰ハ短調 D655(未完・佐藤卓史による補筆完成版)
ピアノ・ソナタ 第9番 嬰ヘ短調 D571+604+570(未完・佐藤卓史による補筆完成版)
ピアノ・ソナタ 第18番 ト長調 D894「幻想」

【チケット】全席自由 一般4,000円/学生2,000円

東京・春・音楽祭2021 ピアノのお稽古

  • 日時

    2021年4月10日(土)15:00開演(14:30開場)

  • 会場

    旧東京音楽学校奏楽堂

【プログラム】

<古典派への扉>

クーラウ:ソナチネ ハ長調 op.20-1

伝 ベートーヴェン:ソナチネ ト長調 Anh.5

クーラウ:ソナチネ ハ長調 op.55-3

クレメンティ:ソナチネ ハ長調 op.36-1

モーツァルト:ソナタ ハ長調 K.545

フンメル:ロンド ハ長調 op.52-6

モーツァルト:ロンド ニ長調 K.485

ベートーヴェン:ロンド ハ長調 op.51-1

<ロマン派の道しるべ>

ブルクミュラー:25のやさしい練習曲 op.100 より1235910141519202225

エルメンライヒ:紡ぎ歌 op.14-5

シューマン:

 楽しき農夫 op.68-10

 子守歌 op.124-6

ブルクミュラー:18のジャンルの練習曲 op.109 より71314

ランゲ:花の歌 op.39

メンデルスゾーン:無言歌集 より

 ヴェネツィアの舟歌 op.30-6

 ないしょ話 op.19-4

 狩の歌 op.19-3

【出演】佐藤卓史(ピアノ)

詳しくはこちらをクリック

トリオ・スペリオール~失われた時を求めて~

  • 日時

    2021年2月7日(日)14:00開演

  • 会場

    ザ・フェニックスホール(大阪)

今、最も煌めく3人が、ザ・フェニックスホールで夢の共演!

【出演】

泉原隆志(ヴァイオリン)

上森祥平(チェロ)

佐藤卓史(ピアノ)

【曲目】

トゥリーナ:「環」op.91
ラヴェル:ピアノ三重奏曲 イ短調
シューベルト:ピアノ三重奏曲第2番 変ホ長調D929

くわしくはこちらをクリック

Aspen Online Concert 佐藤卓史 音楽談話室 第1回 ゲスト:新倉瞳

  • 日時

    配信期間 2020年11月18日(水)18:00~11月25日(水)17:59

  • 会場

    イープラス【Streaming+】

演奏と音楽にまつわるおしゃべりで愉しいひと時を。

トレイラー映像はこちらをクリック

視聴券はこちらをクリック

出演:佐藤卓史(ピアノ)
ゲスト:新倉瞳(チェロ)

プログラム:

演奏:
サン=サーンス:白鳥
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
佐藤卓史:夜想(新作)
Klezmer Traditional: Wedding Hora
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第2番より
演奏のほかに音楽談話があります。

新倉瞳(チェロ)&佐藤卓史(ピアノ) デュオ・リサイタル

  • 日時

    2021年3月13日(土)14:00開演

  • 会場

    サントミューゼ小ホール

上田市交流文化芸術センター サントミューゼ アーティスト・イン・レジデンス  デュオ・リサイタル

詳しくはこちらをクリック

地域ふれあいコンサートvol.60~新倉瞳(チェロ)&佐藤卓史(ピアノ) デュオ・コンサート

  • 日時

    2021年1月28日(木)19:00~20:00

  • 会場

    上田市上野が丘公民館

上田市交流文化芸術センター サントミューゼ アーティスト・イン・レジデンス  地域ふれあいコンサート

詳しくはこちらをクリック

地域ふれあいコンサートvol.59~新倉瞳(チェロ)&佐藤卓史(ピアノ) デュオ・コンサート

  • 日時

    2021年1月27日(水)19:00~20:00

  • 会場

    上田市川西公民館

上田市交流文化芸術センター サントミューゼ アーティスト・イン・レジデンス  地域ふれあいコンサート

詳しくはこちらをクリック

アナリーゼ・ワークショップ vo.45~新倉瞳(チェロ)&佐藤卓史(ピアノ)

  • 日時

    2021年1月24日(日)19:00~20:00

  • 会場

    上田市交流文化芸術センター サントミューゼ 小ホール

上田市交流文化芸術センター サントミューゼ アーティスト・イン・レジデンス  アナリーゼ・ワークショップvol.45

詳しくはこちらをクリック

南紫音 ヴァイオリン・リサイタル

  • 日時

    2020年11月21日(土)14:00開演

  • 会場

    上田市交流文化芸術センター サントミューゼ 小ホール

出演:南紫音(ヴァイオリン)佐藤卓史(ピアノ)

プログラム:

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第6番

メンデルスゾーン/ハイフェッツ編:甘い思い出

クライスラー:美しきロスマリン、愛の喜び

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番「クロイツェル」

※曲目は変更となる場合があります。

くわしくはこちらをクリック

しんうらやす おとマルシェvol.8

  • 日時

    2020年11月18日(水)14:00開演

  • 会場

    J:COM 浦安音楽ホール コンサートホール

3月25日の振替公演です。

出演 新倉瞳(チェロ)佐藤卓史(ピアノ)

プログラム(予定)

エルガー:愛の挨拶

サン=サーンス:白鳥

ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第2

ウェーベルン :3つの小さな小品

サイ:チェロとピアノのためのソナタ

休憩なし・1時間程度のコンサートです。

チケット料金
一般:(全席指定)¥1,000

お問合せ:浦安音楽ホール 047-382-3035

佐藤卓史 シューベルト ツィクルス 第13回-4手のディヴェルティメント-

  • 日時

    2020年12月9日(水)19:00開演

  • 会場

    東京文化会館小ホール

出演 佐藤卓史(ピアノ)共演 小倉貴久子(ピアノ)

プログラム

フランツ・シューベルト:

4手のためのディヴェルティメント
ハンガリー風のメロディー D817
ハンガリー風ディヴェルティメント D818
フランス風の主題によるディヴェルティメント D823

チケット 全席自由
一般:4,000円/学生:2,000円

チケット取り扱い
アスペン 03-5467-0081

東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 10:00-18:00(休館日を除く)

佐藤卓史 シューベルト ツィクルス 第12回 ピアノ・ソナタⅣ -はじめてのソナター

  • 日時

    2020年9月6日(日)14:00開演(13:30開場)

  • 会場

    音楽の友ホール

2020年3月1日 (日)から延期された公演です。

フランツ・シューベルト:
30のメヌエット D41より現存する20曲(1813)
ピアノ・ソナタ ホ長調 D154 (1815)
[未完・佐藤卓史による補筆完成版]
ピアノ・ソナタ 第1番 ホ長調 D157 (1815)
ピアノ・ソナタ 第3番 ホ長調 D459 (1816)
3つのピアの曲 D459A (1816?)
アダージョ ハ長調 D349 (1816?)
[未完・佐藤卓史による補筆完成版]

 

全席自由
一般:4,000円/学生:2,000円

チケット取り扱い
アスペン 03-5467-0081/イープラス eplus.jp
チケットぴあ 0570-02-9999 t.pia.jp (Pコード:168-947)

 

大谷康子ヴァイオリン・リサイタル[振替公演]

  • 日時

    2020年9月7日(月)14:00開演(13:15開場)

  • 会場

    大田区民ホール・アプリコ 大ホール

出演 大谷康子(ヴァイオリン)佐藤卓史(ピアノ)

プログラム 

【第1部 秋に寄せて】

エルガー:愛の挨拶

ヴィヴァルディ:四季より「秋」

宮城道雄:春の海

≪生誕250年記念≫ ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」

≪一緒に歌おう!≫ もみじ、里の秋

ピアソラ:ブエノスアイレスの四季より「秋」

第2部 特別な年に世界の音楽】

≪アジア≫ 外山雄三:日本民謡による組曲より 第1楽章
≪アフリカ≫ 映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』より
≪北米≫
映画『ウエスト・サイド・ストーリー』より「トゥナイト」、「マンボ」
映画『屋根の上のヴァイオリン弾き 』より

≪南米≫ ピアソラ:リベルタンゴ

≪オセアニア≫ 南太平洋

≪ヨーロッパ≫ サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

詳しくはこちらをクリック

 

中村太地 ヴァイオリン ワンコインコンサート

  • 日時

    2019年 7月 11日 (木) 11:30開演

  • 会場

    三重県文化会館 大ホール

プログラム
ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ 第9番
ほか

新倉瞳 チェロリサイタル

  • 日時

    2019年 7月 13日 (土) 14:00 開演

  • 会場

    サンシティ越谷市民ホール

プログラム
サン=サーンス:白鳥
シューマン:トロイメライ

シューマン:アダージョとアレグロ
シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ
黛敏郎:BUNRAKU
シャミナード:森の精 作品60 (ピアノ・ソロ)
シャミナード:昔 作品87-4  (ピアノ・ソロ)
ポッパー:ハンガリー狂詩曲

NHK-FM ベストオブクラシック 佐藤卓史ピアノ・リサイタル ~長野県軽井沢町公開収録~

  • 日時

    放送日 2019年7月17日(水) NHK-FM 19:30~21:10

  • 会場

    収録会場 軽井沢大賀ホール

収録日:2018年6月14日(金)

*急な報道関連事項により当日変更になる場合もございますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

*曲目につきましては、放送日の1週間前に「ベストオブクラシック」HPでご確認下さい。

http://www4.nhk.or.jp/bescla/

佐藤卓史 シューベルトツィクルス 第11回 4手のためのポロネーズ

  • 日時

    2019年 10月 3日 (木) 19:00 開演

  • 会場

    東京文化会館 小ホール

プログラム
シューベルト
6つのエコセーズ 変イ長調 D697
6つのポロネーズ D824 (作品61)
4つのポロネーズ D599 (作品75)
ポロネーズ 変ロ長調 D618A(未完・佐藤卓史による補筆完成版)
3つの軍隊行進曲 D733 (作品51)

共演:山本貴志(ピアノ)

宮本笑里 リサイタルツアー

  • 日時

    2019年10月5日(土) 18:00開演

  • 会場

    宗次ホール

プログラム
クライスラー:愛の喜び
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001よりAdagio、
ヴィターリ:シャコンヌ
カッチーニ:アヴェ・マリア
ほか

宮本笑里 リサイタルツアー

  • 日時

    2019年10月12日(土) 14:00開演

  • 会場

    紀尾井ホール

プログラム
クライスラー:愛の喜び
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001よりAdagio、
ヴィターリ:シャコンヌ
カッチーニ:アヴェ・マリア
ほか

宮本笑里 リサイタルツアー

  • 日時

    2019年10月14日(月) 14:00開演

  • 会場

    ザ・フェニックスホール

プログラム
クライスラー:愛の喜び
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001よりAdagio、
ヴィターリ:シャコンヌ
カッチーニ:アヴェ・マリア
ほか

宮本笑里 リサイタルツアー

  • 日時

    2019年10月25日(金) 19:00開演

  • 会場

    山形県郷土館「文翔館」議場ホール

プログラム
クライスラー:愛の喜び
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001よりAdagio、
ヴィターリ:シャコンヌ
カッチーニ:アヴェ・マリア
ほか

宮本笑里 リサイタルツアー

  • 日時

    2019年11月24日(日) 15:00開演

  • 会場

    八女市民会館おりなす八女ハーモニーホール

プログラム
クライスラー:愛の喜び
バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001よりAdagio、
ヴィターリ:シャコンヌ
カッチーニ:アヴェ・マリア
ほか


Links

www.takashi-sato.jp